「アートスペースかおる」からバスが通る道を西へ歩くこと3分、次の「諏訪山公園下」バス停留所が今回の入山口です。公園の西端を回って山のほうへずんずん入っていきます。再度谷を遡行するこのルートは奥の再度山(ふたたびさん)に建つ大竜寺への参道ということで「大師道」と呼ばれ、ところどころに「あと何丁」と書いた祠があります。かなり上流までまばらに人家があり、たまに自動車が走ってくるので気をつけましょう。ちなみに再度山というのは、むかし弘法大師が中国に渡る前にここで修行し、帰国後もう一度のぼったことに由来するとのこと。また大竜寺は和気清麻呂が建立したそうです。   

道が少しずつ細くなり、ついに山中に入ったと思ったところに清潔な公衆トイレがあり、橋の向こうで右から来から来た道と合流しています。「アートスペースかおる」から諏訪神社境内を通り抜けてやってきた道で、ここまでの区間はご紹介済み。今日は橋を渡って左へ行きます。

道標を確認して大竜寺のほうへ。もはや山道に変わっていますが、足元はよく整備されていて、ヒール付きでなければ市街地用の靴でそのまま歩けるくらいです。

鬱蒼とした山中の景観を愛でながら、ずんずん、ずんずん歩いていくと、突然目の前が広い公園のように開け、大きな池が出現します。これが猩々池。屋根付きの快適な休憩所が設けられています。道はここで二本松林道と交差し、山中の十字路を構成しています。


再度山大竜寺へは直進、またしばらく歩きます。歩き方にもよりますが、出発してから1時間くらいで到着。こちらから登っていくと、山門より高いところにある仁王門の前に飛び出します。山門を見たことがない人は坂を駆け下りて見てらっしゃい! 言っときますが本堂はここからまだ上、急坂の上ですよぅ。


















山歩きに戻ります。仁王門前の駐車スペースから道標に従って善助茶屋跡を通るコースに入ることにします。このあたりの山道がどのようにつながっているのか、また自分が今どこに居るのか、ところどころに設置された案内看板で確認することができますから、地図やコンパスを持たずに歩いても大丈夫です。ただし日没時刻に注意。夕方近くから細い山道に入って行くのは避けましょう。























アップダウンが少ない、らくな小路をずうっと辿っていくと、再度山ドライブウエイの途中で、二本松林道への入り口になっているところに出ます。先に通り過ぎた山の中の十字路、猩々池で直進せずに道を右にとっていれば、ここに出てきます。(写真左)  ドライブウェイの斜め向かいを見るとバス停留所があって(写真右)、その脇から堂徳山方面へ入る道がついています。なおこの路線のバスは、平日は運転されていません。

この横断箇所は見通しが悪く、自動車が突然現れるので、エンジン音に十分注意しながら素早く渡りきるようにしましょう。










ついでに情報提供しますと、猩々池の十字路からここまで二本松林道を歩いた場合、道が広く、ほとんど水平路に近いので楽ちんです。ただし晴天かつ無風の日にここで自動車と出会ったら百年目。自動車が巻き上げていった砂塵が延々と続き、ゲホゲホいわされます。十字路から西のほうは、ふだんは自動車の通行が止められているので、砂塵についてはやや安心ですが、そのかわり景色がパッとしません。

いくらも行かないうちに堂徳山への分岐標識が目に入るので、そこで曲がります。ここで曲がらずにまっすぐ行くと、瀧山城址を経て新神戸駅に向かうか、北野町の異人館街に急降下するかで、そのルートについては既にご紹介済みです。堂徳山への上りは全然きつくありません。ほんのちょっとで、すぐ道が水平から下り気味に変わります。堂徳山は地図にはたいてい記されていますが、頂上がどこにあるのかわからないままに通り過ぎてしまいます。すこし下ると、またドライブウェイの横断。今度は危険予知が容易です。歩道が脇についていないドライブウエイは怖くて歩けませんから、山道に入ります。






道は右下のほうへ。左に入り込むと、ちょっとした展望所。市街地を望見できます。
ああ、この絶妙の彩り! 鼻をくすぐる木々の香り! これだから山歩きがやめられない! 



頭上が明るく開けた尾根をすこし歩くと、やや急な下りになって、もう一度ドライブウエイ横断。市章山の脇まで来ています。別章でご紹介したルートとつながりました。見晴らしの良い展望台で眼前に広がる大パノラマを堪能しましょう。
これは景色のごく一部分、東寄りの方向を眺めたものです。画面中央右に見える緑色がかった大きな箱状建物がJR三宮駅前のミント神戸。古い世代には元神戸新聞会館と言ったほうが通じるかも。大阪湾の向こうまで、くっきりと見えていますね。

今日はここから旧ブラジル移民館(なにやら長たらしい名前になって、何度聞いても忘れてしまう・・)のほうへ尾根道をまっすぐに下ることにします。
この尾根道にも、ところどころにベンチがあります。どこも頭上が明るくて、なかなか良い感じです。

市街地のすぐそばまで下りてきているにもかかわらず、ここはまだ森閑としています。
今回は追谷墓地のほうへ曲がらないので、わずかな区間だけ今回初めてのルートを歩くことになります。取り立てて言うほどの変化はないというものの、初めての光景はやはり新鮮です。





道は追谷墓地の入り口、トンネル脇に出てきます。ここでは「神戸区」なんて大昔の地名が石に刻まれているのが見られます。

ここから市街地にどうやって出るのって? ボールを足元に落とし、転がっていくのを追いかければ案内してくれます。














このコースの所要時間は、ゆっくり歩いて正味2時間半くらいです。
散歩案内センターに戻る              HOME