サービスこぼれ話    寒い時期の作業心得第一条

寒い季節にオルガンの修理に行くときには、大きな心配事ができます。身体が冷え込むと、ある生理現象の頻度が高まることです。サービスエリアが無い一般道路を長時間運転して、ようやく目的地に到着し、底冷えのする教会堂に入った時など、着いたとたんから早くも気にかかりだします。そんなことで気が散ると手元が狂いやすく、とんだ大失敗をやらかしかねません。

「では行ってきたらいい」で済まないのが、この世界の怖さ。行った先がカトリック教会なら、そこはたいてい、お手洗いが教会堂内にありません。庭を横切って別に建っている司祭館か信徒会館に出向かないといけないのです。寒風に吹かれて歩く間におこりかねない急激なクレッシェンドをあらかじめ計算に入れておかねばならないだけでなく、はるばる行ってみると、なんと神父様が所用でおでかけ、司祭館も信徒会館も施錠されていたということがあります。「神様は戸を閉じておしまいになるとき、窓をお開きになります」 という具合には、もちろんなっていません。 ガーン! これに見舞われると、もう修理どころか・・・。

修理現場に到着したら、たいへんお行儀が悪い話ですが、挨拶もそこそこに、まず「慰めの場」の確保と確認、これが冬場の心得第一条です。

                          相談室に戻る          HOME