サービスこぼれ話     誰もやらない実験

電子回路基板上についている配線コネクタをうっかり間違えたら? 考えてみるだけでも背筋がゾーッとなる重大なミステイクです。

経験を積めば危ないケースというのが最初から勘でわかるようになってくるのですが、それでも、配線を元通りにしようとしたら、リボンケーブル1本に対して受けるコネクタが2個、しかも同型のが隣り合わせにあるじゃないか! しまった、外すときに空きコネクタの存在を見落としたんだ。さあ、正解はどっちなんだ? という場面にぶつかることがあります。配線図集を携行しておらず、ケーブル側とコネクタ側に識別番号が付いていない楽器が相手のときは途方に暮れます。会社に電話して同僚に実体配線図を見てもらおうとしたら、ええっ? 全員外出中で、連絡もできないって? 
携帯電話がなかった時代は大変でした。

識別番号を付けてあるのは親切ですねえ、安心して電線をはずしていけますねえ・・と言いたいのですが、前に一度、識別番号自体が間違って付けられている楽器に出くわして冷や汗をかかされたので、それ以来、いちいち疑い深く照合しながら外していく習慣ができました。

コネクタは部品メーカーのほうでも形状に工夫を凝らしていて、誤って逆向きに差し込もうとしても入らないようになっているのが普通ですが、ピン1本ずつ横にずれた状態で差し込んでしまうのは防止できないというのがあります。ピン1は1へ、2は2へとつながるべきところ、1は2へ、2は3へと順送りにずれていくと、さて何がおこるか・・。いちど実験してみたいな、という人は居ません。

「オルガン演奏中に突然動作がおかしくなるが、いろいろやっているうちに勝手に正常に戻る」というサービスコールを受けて出動したときのこと。楽器の内部を見ていくと、ピン1本ずつ横にずらして差し込まれたコネクタが目に入りました。正しく差し込みなおして、あっさり直りましたが、不思議なのはどうして差し込みのずれたコネクタがあったかです。製造時からの間違いなら、納入後何年も経ってから突然というのは不自然です。
どうにも腑に落ちないので、何か思い当たることがないかとユーザーに聞いてみると、「無料点検して差し上げます」と売り込んできた業者があったので、つい頼んでみた、あ、そういえば、おかしくなったのはそれからだねえ、とのこと。
「作業をするところを横からごらんになってました?」 「ええ、ずうっとではありませんでしたけど」

疑問が氷解しました。楽器を点検する気であったにしても抜き差しする必要などさらさらないところのコネクタをわざわざいじったのは、見物人を意識して、このとおり作業していますよ、と見せるためだったと思われます。
時々故障状態になり、また勝手に直ったというのは、そのコネクタを命令信号が通っていかないときは何事もないが、いざ通ろうとすると間違ったところに誤配達されるので、その先に混乱を生じたからでしょう。

                          相談室に戻る          HOME