サービスこぼれ話     蟻の一穴

デジタル・コンピューターの動作の正確さは見上げたものです。しかもその正確さが年数を経ても衰えてきません。電子オルガンのメーカーはその正確で頼りになるデジタル・コンピューターを音源装置に使うだけでなく、補修部品の在庫管理にも利用します。

コンピューターの一種としての音源には「バージョンの適合」という問題が付いて回ります。もっと複雑になると「相性」というところまで発展してしまうのですが、ようするに組み合わせて使ってよい基板といけない基板、形式番号が変わっている改良品と交換しても差し支えない場合といけない場合など、あまりにもいろいろあって、熟練したサービス技術者でも全ての規定を覚えきれなくなってきます。
世界各国への輸出モデルや特注楽器の一つ一つまで覚えていなくてはならないメーカーでは尚更のはずですが、「コンピューターで管理しているから間違いはおこりません!」

ほんまかいな! いろいろな経験をしましたよう。

それは管理しているコンピューターの責任ではなくて、どこかに人間が介在したせいです。
たとえば、ある種の回路基板を幾つかのモデルで共用し、各モデルの相違を出すために各型の動作プログラムを書き込んだチップをソケットに差し込むようになっているタイプの楽器では、回路基板と命令チップが別部品として扱われ、修理のために回路基板を予備品と取り替えたなら、新しい基板上に命令チップを移してやらねばなりません。
この注意を世界中のサービス現場技術者が記憶していて、作業のときには必ずマニュアルどおりに実行してくれることが前提になっている・・そこに弱点があります。万一誰かがへまをやっても、それをメーカーの担当者あるいはコンピューターが見咎めるから大丈夫、ということも無いようなのです。

チップの移し忘れは実例を見ました。「他の業者さんに回路基板の交換で修理をしてもらってから、どうもおかしい。診てもらえないか」という話で行ってみると、原因は命令チップの紛失。修理を担当した人が故障基板に付けたままメーカーに返してしまったようです。このケースはメーカーからミス発見の知らせがついに来ませんでしたから、問題の基板は修理されたあと、命令チップを付けたまま、世界のどこかの代理店に次の補修部品として回されたのでしょう。そこですぐに出番を迎えれば「あれっ?」と気づかれ、どの段階で誰がどのようにミスをしたのか調査されるでしょうが、その基板を修理に持ち出す機会が何年も訪れないと、予備部品在庫の中で眠ったままになって発覚が遅れ、それから調べようとしても月日が経ちすぎて、わけがわからなくなっています。

同様にチップの移し忘れがあったところに、メーカーのチェック忘れが重なって、「修理は出来たけれど、リード音栓を開くとチャイムの音が出るようになった」という経験も。注文時に二通りの仕様からどちらかを選ぶようになっているモデルで、命令チップを間違えると、この失敗がおこります。気をつけているつもりでも「あ、忘れてた」。この調子ではミスがなくなりません。
人間がミスをやったり、さぼったりすると、コンピューター管理も全然あてにならなくなる、というお話でした。

                          相談室に戻る          HOME