サービスこぼれ話     ブラックホール

最新の注意を払って作業しているにもかかわらず、小さなネジや座金をポロンと取り落とすことがあります。指が入らない、ネジを入れる穴が入り組んだ奥にあって指先が思うように入らない、だいいち見えないという場合は、何度も何度も手探りで挑戦を繰り返すことになるので、なおさらです。
「あっ!」・・その瞬間から全身を耳にして、落ちたものがどこへ行ったかを追跡します。見ようとしたら駄目です。たいてい落ち込んでいくところが見えないし、そちらに注意を向けたぶん、耳がおろそかになって、結局虻蜂取らずになります。
たしかに落としたし、最初にそのへんで跳ねる音を聞いたのに、後でいくら探してもみつからない、というのは放っておけません。金属のかけらがどこに行ったか、必ず見つけ出して取り除いておかないと、回路をショートさせて、最悪の場合は出火の原因にさえなりかねないのです。現場作業時間の過半が、じつは姿をくらました小さなネジ1本の山狩り捜索に費やされていたということもあります。小さな手鏡と、ベンリーキャッチという商品名の道具は必携です。

落ちたものは地球の引力で真下へと進んで、何かに当たったとしてもそのへんに居る・・はずですね。ところがあるメーカーのある種のモデルでは忽然と蒸発し、いくら心当たりを探しても出てこないというので、経験の浅い技術者はうろたえます。修理はものの20分で楽勝しているのに、たかがネジ1本を探すためにメイン・アンプを取り外して下を改める、電源アセンブリーを取り外して下を改める、あちこちを走る電線束に絡まっていないか調べていく、の大騒ぎ。くそっ、どこへ隠れおったのだ?

答えは・・。たいてい本体内蔵の38cmウーハー(低音用スピーカー・ユニット)にくっついていますね。とびきり強い磁力を持っているので、少々離れたところを通って落ちていくネジでも「こっちへ来いっ!」と吸い寄せてしまうのです。黒塗りどうしで見えづらく、そのうえ陰に回ったところに張り付いていることもあるので、慌てふためいた目ではなかなか見つからないというわけです。

商売柄、部品交換で不要になったスピーカーを引き取って持ち帰ることがありました。さて、それをどうする? 磁力といえばピップエレキバン。これだけ強力ならよく効くだろうと上に寝てみましたが、効果を確認できませんでした。今は庭に置いて、干した布団の上空に鳥どもを近づけない役目を与えています。これは効いているのか、以来バクダン被害がなくなりました。

                          相談室に戻る          HOME