サービスこぼれ話     「あり得ない」ことがあり得ない

楽器が故障したという通報を受けると、状況を正確に把握するために、その場でいろいろな質問を発します。楽器がウンともスンともいわなくなったと聞けば、まさかそれが笑ってしまうような初歩的ミステイクによるものではないだろうな、と確認するところから始めなくてはなりません。
「電源投入を表示するランプは点いていますか?」 答がYESなら、次は「音量調節つまみが回しきられていませんか?」と「ヘッドホンのプラグを差し込んだままになっていませんか?」。もしNOなら「電源プラグがコンセントに差し込まれていますか?」と「そのコンセントに本当に電気が来ていますか?」です。このようなことをうかがうと、たいていの方がムッとされます。

ところが、なんです。てっきりオルガンのプラグだと思っていたのが電気スタンドのプラグだったとか、コンセントが停電していたとかいうのが現実にあるのです。
たとえば、電気ストーブにあたりながらアイロンがけしましょうとプラグを差し込んだとたんに子供達が学校から帰ってきた。「お母さーん、ゲームしていい?」「おやつちょうだい!」「わたし、ジュース!」 とてもアイロンがけどころでなくなって、そのまま片付けてしまう。こんなことがあると、ブレーカーが落ちて停電していることに気付かれません。コンセントに電気が来ているかどうかは、他の電気器具のプラグを差し込んで、それが働くかどうかをみることで、簡単に確かめられます。

全体音量つまみが付いている楽器で、それを左一杯に回しきれば、当然音が出なくなります。「それはわかっています」という言葉を信じて片道数時間の長旅をし、辿りついたところで、「あはは、やっぱり」。つまみをグイと回して修理完了、所要時間1秒の新記録達成!というのがありました。

さらなるお笑いをもうひとつ。ポータブル・オルガンで同様の通報を受けたときの話です。
一目見た瞬間に問題解決! EXP.ジャックに差し込むべきエクスプレッション・ペダル(音量をコントロールする踏み板)のプラグが、誤ってヘッドホンのジャックに差し込まれているのです。ヘッドホンのジャックにプラグを差し込むとスピーカーからの音が切れるように作ってあるので、音が出なくなって当たり前です。
このときの故障通報者というのが、筆者など足元にも寄れない偉大なプロの電子技術者でしたから、この人にかぎって初歩的なミステイクなどあり得ないと頭から決めてかかっており、「素人さん」からの電話なら必ずおこなう「ヘッドホン・ジャックの確認」を怠ったのです。
あとで一緒に大笑い。「猿も木から落ちる」という格言が身にしみた一幕でした。

                          相談室に戻る          HOME