サービスこぼれ話     信じる者は救われない‥??

回路基板を交換する時には、その基板につながっているケーブルをすべて取り外さねばなりません。どの線がどの端子に、どのコネクターがどこにつながっていたか、正確に覚えていないと、新しい基板を組み付けて配線し直すときに「ありゃーっ!」と慌てることになります。慣れなくておどおどしている初心時代には、どんなに気が急く時でも、配線のつながり具合を丁寧にスケッチしておいてから取り外しにかかるものですが、ある程度場数を踏んで自信を持つと、「このくらいなら・・」見て覚えられるわい、とつい思うようになります。そこで、この世の地獄を味わいます。

右の画像はひとつの例です。回路基板に変圧トランスから何本も電線が来ていて、その電線が色分けされています。いま、電線を一斉に端子から切り離したところです。
基板にはそれぞれの端子に何色の電線をつなぐかプリントされているのが見えます。それで安心して、片っ端から電線を外していってしまうと、ひどい目に遭うかもしれません。この楽器では基板にORANGEと書いてあるところに青色の電線をつなぐようになっているのです。他の電線についてはすべてプリントと一致しています。
もしスケッチの手間を惜しんで片っ端から電線を外してしまっていると、いわゆる消去法で「ORANGEに青線をつなげばいいってことかな?」とまでは考えられますが、「待てよ、他の色については信用していいの?」と心配になるでしょう。もし間違っていたらドカン。最悪のケースでは、電源を入れたとたんに、閃光、破裂音、立ち昇るキノコ雲、ということもあるのです。

コネクターを抜いていくとき、ここには一つだけと思っていたのが、じつは二つ隣り合わせになっていたというのがありました。同じ形状、同じピン数、同じ色で、二つのうちの一つは空き、つまりそちらには接続しないようになっています。「さあ、どっちだったかな? 当ててごらん」です。
 「ええっと‥外すときにこちらの方向から見ていて、それで隣接したコネクターの存在を見落としたのだから、ケーブルが接続されていたのはこちら側ってことになるね」と考えていきますが、もしも間違っていたらドカンですから、冷や汗が身体を伝うのがわかります。

基板側、ケーブル側双方のコネクターに識別用の番号をつけてくれているメーカーがあります。これはなかなか親切で、手をつける前にメモをとる必要がありません。ところがそれで怖い目にあったことがあります。番号を付け間違えたコネクターが混じっていて、振り回されたのです。何もないほうがマシでした。

「色分けが書いてあっても、番号が付けてあっても、それを頭から信用してはいかん。最初から無かったものと思え」というのが幾つかの苦い経験から得た教訓です。最近は取り外しにかかる前にデジタルカメラ、それが無いときには携帯電話のカメラで配線のつながり具合を撮影するようにしています。小さな液晶画面では画像を拡大しても細部が見づらく、いざというときに頼れるかどうかに一抹の不安があるものの、心の支えにはなります。

                          相談室に戻る          HOME