サービスこぼれ話     技術が進歩すると

デジタル・コンピューターを音源装置に使う電子オルガンの技術進歩は急速ですが、さて、技術が進歩すると具体的にどうなるでしょうか。

「そりゃ、音が良くなるのさ」とひとことで片付けたいところですが、意外なことに、「旧型より音が悪くなった」「演奏していて厭な癖を感じるようになった」と不評を買う新しいモデルが時たま登場します。

技術が進歩するとたしかに、音が良くなる、あるいは付属機能が進歩する余地が生まれるのですが、その余地を活用する能力が楽器メーカーにあるか、あるいは高まった能力をどのように活用するかによって、ときには結果がトータルでマイナスに傾いてしまうことがあるのだと、考えざるをえません。

○ 楽器メーカーがハード面で新しく高められた能力を活用できるソフト面の技術を持っていなかったら、宝の持ち腐れ。これまで綺麗に出せていた音が新式音源ではうまく出せなくなったりすると、とんだ薮蛇。

○「これまでと同じ性能のものを低コストで作って利益を増やせるようになったのではないか」という方向で考えられてしまったら??? 明らかにこの狙いで新型が登場したと思われる場合、たいてい旧型より劣っていることに気がつきます。兎と亀のお話を思い出します。

○新しく生まれた余地を真面目に利用せず、半分遊びのような目的に熱心に使ってしまったら???  これ、多いように思います。

○自らの技術に酔うあまり、しなくてもよいことを無理にやろうとして、自滅することがありはしないか? 「技術的に高度なこと」をやることが必ずしも立派とはかぎりません。自分の家に帰ってきたとき、塀によじ登り、2階の窓に飛び移って入ったとすると、それは普通に玄関から入るより「技術的に高度なこと」をやったに違いありませんが、服が破れ、怪我までします。笑い話みたいですが、本当にそんなのも見てきました。

めざましい技術の進歩が、必ずしも楽器の音や性能を高めていくばかりとはかぎらない、というお話でした。

                          相談室に戻る          HOME