サービスこぼれ話     初めての修理体験

中学生の時、テレビで「コンバット」という連続戦争ドラマをやっていました。舞台は第二次世界大戦におけるフランス戦線。歩兵分隊を率いて最前線を歩くサンダース軍曹が上官のヘンリー少尉と携帯無線機でやりとりするシーンを見て、無線に興味を持ってしまい、本や雑誌を手がかりにアンプや送受信機の自作に凝り始めたのが発端と言えます。最初は真空管式でした。

高校生の時、あいかわらず電気遊びに夢中になっていることが日本基督教団神戸教会の牧師さんの耳に入り、「教会にあるアメリカ製電子オルガンの調子が悪いと報告を受けているのだが、キミ、直せないかね」と電話がかかってきました。その楽器は、太平洋戦争で惨敗を喫した日本の教会を力づけようと、アメリカの教会から直接寄贈されたもので、日本には代理店がなかったので、誰か適当な人間をみつけて直させるしか方法がないということでした。

症状を聞くと、それは音量調節に使われている可変抵抗器が古くなって接触不良をおこしているだけだと思われたので、翌日の学校帰りにさっそく様子を見に行き、間違いなしと確信を得て、すぐ部品を買いに走りました。その頃は量販店に真空管、トランジスター、抵抗器、コンデンサーといった電子部品の売り場があったのです。交換作業は難なく終わり、教会から「でかした!」と褒美に金一封を貰いました。これが最初の実戦体験です。

数年後、自分が弾いていた日本基督教団神戸栄光教会教会に、同じメーカーの、しかし一回り大きな楽器が、やはり直輸入で入ってきました。ところがその楽器ときたら、一段上級モデルのはずなのに、低音がぼんぼん鳴るばかりで、中高音はスピーカーが布団蒸しに遭っているかのようにくぐもり、最高音域に至ってはほとんど聞こえなくなります! これはおかしいと思いましたが、目の玉が飛び出るほど高額の楽器でしたから、おいそれと手を出せません。そのもぐもぐ音のままで披露演奏をやりましたが、さらに数週間が経ったところで、ついに黙っていられなくなって、音楽委員立会いのもとに楽器本体とスピーカー・キャビネットの裏板を開かせてもらいました。

問題はスピーカー・キャビネットのほうにありました。回転スピーカーの回転子と接触ブラシ(黄色矢印)の間に挟んであった輸送中の保護緩衝材を取り外すのを、設置作業を依頼された電気技師が忘れていたのです。

左に見える黒い円筒形がモーターで、そこからベルトが画面中央のプーリーにかけられており、これでスピーカー・ユニットを取り付けた大きな黒い円盤がぐるぐると回るようになっているのがご覧になれるでしょう。スピーカーが回転運動をするので、普通に配線したのではたちまち電線がねじれて切れてしまいます。それで接触ブラシを回転軸に当てて、スピーカーへの電気信号を送り続けられるように作ってあります。

なお右下に見える真空管式アンプは、整備点検中の撮影なので、固定ネジをはずして向こうに倒してあります。


緩衝材によって絶縁されている中高音用スピーカーが全部沈黙し、低音だけが鳴っていたわけですが、電気屋さんは疑問に思わず、猿轡をされたままの披露演奏を聴いた教会の人達はそれでも「素晴らしいオルガンが入った」と納得したのですから、世の中、いい加減なものです。この時以来、「専門家」を頭から信用しない癖がつきました。

そして約1年後、このオルガンが突然うんともすんとも言わなくなりました。この楽器もアメリカから直輸入したものでしたから、自力で修理を試みるしかありません。「おまえ、やってみろ」 教会の大きな金庫から配線図がうやうやしく取り出され、手渡されました。テスターで電圧を調べると、出ていない・・。つまり電源回路の故障です。原因はダイオード・ブリッジの不良と特定できたので、それと同等の働きをしそうな部品を買いに走って交換。一発で直りました。このときは褒美が出ませんでしたが、すこしだけ自信がつきました。

以上の経験はユーザー側に立ってのアマチュア修理でした。今度は仕事の一環として、再び電子オルガンの修理もするようになったのは、それから十数年も経ってからのことです。

                          相談室に戻る          HOME