こぼれ話     思い込みの怖さ

ある大きな教会に、かなり大きなオルガンを設置したときの、失敗談です。

楽器搬入、設置作業開始の日を迎えました。運送店のトラックが到着し、パワーゲートのウニュゥゥゥーという音とともに大きなオルガン本体(演奏台)が地面の高さに降ろされ、台車に乗りました。あとは運送店の人が台車の前後について、ゴロゴロと押してくるので、こちらは設置場所に先回りして待っています。

ところが、教会の玄関あたりから運送店の人が「他に入り口はありませんかあ?」と大声で呼んでいるのが耳に入りました。大きな教会の広々とした玄関です。妙なことを言うものだと訝りながら、そこへ行ってみると、「あ!」 
ガラス・ドア両開きの広い玄関なのですが、真ん中に鉄柱が立っていたことに、その時初めて気がつきました。鉄柱が真ん中に立っているからには、その左か右かを通さねばならないわけですが、オルガンよりほんの僅かに、それこそ2ミリか3ミリの差で、どちらの通路も狭いのです。

こういうときは楽器を「起こして」入れるのが普通です。布団を敷いて傷がつかないようにした上で、雄犬のオシッコみたいに楽器の片側を持ち上げていって、90度倒すのです。足鍵盤を取り外した演奏台を横から見るとL字形をしていますから、柱に抱きつかせるようにしながらクルリと回して難所を通過させます。ところが、いざやってみると、この手でもやはりつかえるのです。

教会の窓は幅が狭くて到底無理。ほかの出入り口も狭くて駄目。・・深刻な事態に陥ったことに気付きました。搬入できないのでは契約キャンセル。えらいことです。ああでもない、こうでもないと、いろいろ向きを変えながらの挑戦が続きましたが、いっこうに埒があきません。

その時、その場に居合わせた若い衆が、恨めしげに鉄柱をさすっていたと思うと、「そや!」と声を上げました。その鉄柱は、鉄板のカバーをボルト止めした構造になっているのに気づいてくれたのです。ボルトをはずすと鉄板がはずれ、鉄板の厚み分だけ柱が細くなりました。それでもまだギリギリ。普通なら狭いところを通すとき、布団や毛布で楽器をくるんで擦り傷を防ぐのですが、ここでは毛布1枚でも厚すぎです。仕方なく新聞紙で。

ちょっとでも強く擦ると新聞紙のわずか1枚や2枚挟んだくらいでは役に立ちませんから、一同、息を殺し、「少ーしずーつ」、「もちょっと」、「よしっ」、「はい、もうちょっと」、「おっと!」「よーし」「もちょっと」で、チビリ、チビリと楽器を動かしていって、ついに運び入れることができました。

教会が大きい、玄関も広々としている、だから楽器は楽々と運び込める、と勝手に思い込んでしまっていたのが失敗の原因で、しっかり下見しておくことの重要性をいやというほど思い知らされた日でした。

相談室に戻る           HOME