こぼれ話     初期不良

パソコンにある程度の経験を持つ方なら、きっとごぞんじでしょう。コンピューターおよび関連機器につきものの「初期不良」のこと。

聞くところによれば半導体は使い始めてすぐのうちが壊れやすく、それから(壊れずに生き延びて)時間が経つほど信用できるようになってくるのだそうです。そのせいかパソコンの専門ショップに行くと「わけあり」で安く売られているものに「初期不良があったものを修理した」商品を多数みかけます。

その話は教会用電子オルガンに無縁ではないっ!! なぜならば、音源装置が一種のコンピューターだからであります。
あるメーカーの楽器は、いやでもそれを心配しなければならない製品なのであります。それも外国のメーカー工場から日本に到着して、税関を通って、すぐに発症するなら、あるいは既に発症しているなら、まだ救いがあります。1ヶ月ほど経ってから意地悪をしかけてくる傾向があるのです。

それで、すくなくとも披露演奏会のひとつがパーになりました。新しい楽器が教会に設置されたら披露演奏会をいたしましょう、という話があったので、特別に注意し、日本に来てから、できるだけ長く電源を入れっぱなしにするように計らいました。それこそ1時間経つごとに、それがなにごともなく過ぎるごとに、楽器の信頼性は増していくのです。そのようにして1ヶ月、2ヶ月が無事に過ぎれば、その楽器はまず故障しないと安心できるようになります。

ところが、一発やられました。披露演奏会の当日、開演直前まではなんともなかったオルガンが、こともあろうに本番で「起動不能」に陥ったのです。起動プロセスの途中でフリーズしてしまい(楽器はそれだけ精巧に出来ているのではありますが)、ようするに演奏できるようにならないのです。素早く裏板をはずし、このような場合に打てる手をすべて試しましたが、どれも駄目でした。

どうなったかと申しますと、立ち見まで満席の聴衆にお詫びの挨拶をして、約半年後に再度披露演奏会をすることになりました。
原因は(詳細はわかりませんが)とにかく音源装置に何らかの初期不良が発生したということで、メーカーから送られてきた音源装置に換装したところ問題解決、以来トラブルの報告を受けることがなくなりました。

似たような初期不良を他の数箇所でも経験、いずれも音源装置を交換すると簡単に直り、以後一度も症状再発していませんが、それならメーカーのほうで、楽器が工場を出る前にいちど音源装置換装のおまじないをやっとけや!ということに、なりません? 

ま、そんなことを言っているうちに初期不良の問題は自然に解決していったようですけど。

相談室に戻る           HOME