こぼれ話     犬が西向きゃ尾は東

修理作業に使えるスペースがたいへん狭い場合があります。邪魔になる家具など先にどかしておけばいいようなものですが、それをしようと思ってもできない現場もあるのです。以下は1m×1.3mくらいの窮屈なスペースにはまり込むように座り込んで修理作業をしたときの笑い話です。

このような状況では思考力が著しく低下します。仏像みたいな姿勢でじっと座り続け、両脇に工具箱や予備部品箱を抱きかかえている態で、すぐに激しい疲れが襲ってきます。ちょっとモノを取るにも手が届きにくいのでなく腕を自由に動かせなくて困るくらいで、まして出そうと思った予備部品が2段、3段に積み上げた箱の最下段にあるとなると、取り除けた上段の箱をとりあえず膝の上に積み上げ、「算盤責め」の図と相成るのです。
そんな状況で長い時間をかけて、ようやく故障原因になっている部品を突き止めました。安くて小さな部品1個、それさえ交換すれば、おそらく直ってくれるのです。ハンダごてを取り出し、ふーふー言いながら身体を目一杯に捩って手を限界まで伸ばし、電源コンセントに。ハンダごては温まるのに時間を要するので、使うと決まったら真っ先に通電しておきます。

部品箱を開けて、その中から探しているやつを見つけ出します。それを、よくわかるところに置く・・・。ところがこれが曲者で、小さいものはいざという段階で「あれ? どこに置いたっけ?」になりやすいものです。十分に経験を積んでいますから、そこはしっかりやります。

そしてハンダ吸い取り器、吸い取り線、さらに糸ハンダを・・・糸ハンダ・・・ハンダ・・・ ・・・ ・・・ えっ? 嘘やん! 糸ハンダだけが見当たりません。見たところちょっと太目の銀色の針金みたいな、その糸ハンダをハンダごての熱で溶かして交換部品を取り付けるので、長さにしてほんの5ミリほどもあればいいくらいなのですが、それが全く無いでは修理ができません。

座ったままのゴソゴソでは何度かき回しても出てこないし、こんな大切なものを忘れてくるはずがそもそもないし、しかも前日にはチェックリストと2回も照合確認しているし・・。

ついに、面倒なことながら、その狭いスペースから這い出して工具箱も部品箱も引き出し、床に中身をぶちまけて丹念に調べたのですが、それでも出てきません。

こうなればもう、日を改めて出直すしかありません。ついに諦めて、工具、部品を片付け、帰り支度をすっかり整えたところで、足元に何かが落ちた微かな音が。探していた糸ハンダです! 
工具箱からはみだしていた先端がズボンの尻ポケットに引っかかり、そちらに移ってぶら下がっていたのですね。いつも後ろにくっついているので、何度ぐるぐる回りしても見えなかったのです。

すぐ作業を再開してHAPPY ENDになったのは申すまでもありません。

相談室に戻る           HOME