サービスこぼれ話    力の入れすぎ?

電子オルガンの故障というと、音が出なくなった、うぎゃーんと凄い音が出る、音程が狂った、鍵が食いついて上がってこない、といったようなのが普通ですが、ごく稀に回路基板上の電子部品が焦げる例があります。

匂いや煙が出ても、それ以上には発展しないので、ひとまずご安心を。使用中に万一これがおこれば、慌てずに電源スイッチを切って下さい。それだけで自然におさまります。
スピーカーから大きな雑音がいったん飛び出し、たしかに煙も出たのに、その後楽器は何事もなかったように働き続けている、あれは何だったのだ?という事例もあります。
何の役目もしない部品をわざわざ付けてあるはずはないのではないのですが、それが焦げても回路の動作には全く支障がなかった、と言われると、その部品、とっても可哀想ですね。

右の写真は派手に煙を出した、さらに稀なる例で、この回路基板が立てて取り付けられていたため、焦げた部品より上方の部品が真っ黒に煤けています。

この種のトラブルはこれまでに3例出会いましたが、その3例のすべてが信頼性の高さを殊更に強く謳うメーカーでしたよ。力の入れすぎで文字通り熱を帯びたって??

                          相談室に戻る          HOME