こぼれ話    トンネルを抜けると

新幹線に乗ってはるばる出かけて行った某市でオルガン設置作業をやったときの失敗談。

演奏台からスピーカー・キャビネットへと走るケーブルが十数本にのぼるという大規模なオルガンでした。作業の前半ではもちろん応援の人員が付いてワイワイと賑やかですが、大きく重い機材がそれぞれの場所に取り付けられ、スピーカー・ケーブルが束になってオルガン本体(演奏台)のところまで引いてこられると、ここから先は一人居残っての仕事になります。大きくて複雑な楽器ですから泊りがけです。このときは2泊3日だったと思います。

わけがあって、現場にとどまれるのは何月何日の何時何分が限度と、厳しい制限が課せられていましたから、事前にイメージ・トレーニングを繰り返し、それこそテキパキと作業を進めました。そして少し時間の余裕をとりながら現場の後片付けに入ります。そこまではいちおう順調でした。

荷物をまとめ終わり、いよいよ帰る前に借りていた梯子を返しに行くこと。 ・・これでめでたく完了のはずが、「あーっ!」と立ちすくむことになりました。なんだよ、これは! スピーカー・ケーブルの束が梯子のステップとステップの間を通り抜けているではありませんか。梯子をえいっと力任せに裂いてケーブル束を救い出す? それともケーブルをいったんはずして敷設し直す? 二つに一つ。もう迷う時間はありません。

両腕で梯子をまっぷたつに裂くのは無理、再び梱包を開いて電動工具を出せば壊せないことはないにしても時間的に間に合わないと咄嗟に判断して、ケーブルをいったんはずして梯子から引き抜く道を選びました。「結線をはずす」といっても十数本のケーブルの、そのまたプラスマイナスですから、いったん抜かねばならない端子のネジは二十数本あります。興奮のあまり震える手でその小さなネジを転ばし、それが電源装置やアンプの下にでも入ったら、それを探し出して拾うのにまた時間がかかって・・ 絶体絶命のピンチです。

結果は、自分でも信じがたいほど素早く的確に手が動き、制限時間ぎりぎりの滑り込みセーフで仕上げることができました。

疑問が残ります。なぜわざわざ梯子のステップの間にケーブル束を突き通すような馬鹿なことをしてしまったのだろうかということです。常識では考えられません。ゆるゆると思い出してみれば、スピーカー・ケーブルの束をほどいて壁にそって伸ばしていったとき、どさっと運び込まれた多数の梱包が行く手を阻んでいました。どかすのは大変・・しかし積み上げられた箱の2段目から上にはところどころに隙間が見えています。「なんだ、隙間に通しておけばいいのだ」という気になります。作業が進んで梱包が次々に運び去られていけばケーブル束が最後にそこに残りますから、それに電線カバーをつけて仕上げるだけです。
ところがこの時は運悪く、その梱包の山に予備の梯子が立てかけてあったのです。それを見落としました。梱包の隙間を突き抜けたケーブル束は、そのまま梯子のステップの間を潜っていくことになりました。

梱包の山が消えうせても、壁際の目が届きにくいところであり、しかもこの梯子を使う場面がなかったので、ずっとそのままになっていた ・・・ これが「事故調査委員」の結論です。

相談室に戻る           HOME