こぼれ話    怪奇現象

月曜日の朝を待ちかねたように、修理出動を要請する電話がかかってきました。
「どんな故障ですか?」
「いえー、そこがはっきりしないんですが、たぶん故障だろうということになりましてね」
「は?????」
「きのう(日曜)の礼拝のあとで、教会のみんなが一斉に喉の痛みを訴えたんです。これはきっとオルガンのせいだろうと・・」
「で、オルガンの音はどんなふうに変ですか?」
「いいえ、それが、なんともないように思うのですが。でも、おおぜいが一斉に喉を傷めたんですから、何か原因があるはずでしょ」

腑に落ちない話ですが、とりあえず訪問して楽器を鳴らしてみると、ただ一点を除き、快調です。「ただ一点」というのは、音が全体におそろしく高くなっていて、早い話が、ドの鍵を押せば”完全4度”上のファの音が出るということです。本職の声楽家でも、こんなに音を上げて歌わされたら金切り声の絶叫になるでしょう。素人なら喉が痛くなって当たり前ですよ。だいいち声が出なかったでしょ。

で、それは音源装置の故障? いえ、そうではありません。「移調ダイヤル」が右一杯に、つまり上限まで高く移調するように回されていたのが原因です。ダイヤルを「中立」に戻すだけですから、ワンタッチで直ります。でも4度も音が上がっているのに、「今日は異常に高すぎる」と誰ひとり気づかなかったとは! 

「誰がダイヤルを回したんだ?」 「どうして触ったのかな?」 「いいえ、私はぜんぜん触ってないよっ!」  ・・・・
おそらく子供のいたずらですよ。楽器のそばを通りかかって、ダイヤルが目に入ったから、興味本位で回してみただけ。悪気はありません。演奏者がオルガンの電源を入れたまま、礼拝前にちょっと離れた隙に、やられたようです。


類似のケース。個人ユーザーから「ストップの一つだけが、音がたいへん小さくなっているんですが」と相談が来ました。その楽器でそのような故障がおこるとすると、どんな原因があり得る? 構造を考えると、一見簡単そうでありながら、実際は説明がつきにくい不思議な症状です。
訝りながら訪問して調べたところ、なんのことはない、問題のストップの音量を弱めるように調整が変更されていました。調整を元通りに直して呆気なく問題解決しましたが、「どうしてそんなことがおこったか」解明できていないと、本当に何らかの故障が潜んでいるのかもしれず、再発を恐れねばなりません。

ふと思いついてオーナーに質問を発しました。
「最近小さなお子さんとか、珍しいお客さんとかが来られませんでしたか?」 
「ああ、昨日ずっと孫が来て遊んでましたよ」

その楽器は楽器に添えられている専用のリモコンのボタンを押して、いろいろな調整や設定変更をおこなうようになっているのです。真剣にであろうと、でたらめにであろうと、オルガンの電源スイッチが入っている時にリモコンのボタンを押せば、反応します。
犯人像が浮かびあがりました。

このような「故障」例では、名探偵シャーロック・ホームズを気取ります。

相談室に戻る           HOME