こぼれ話    どーんと、大きく

ある高等学校の講堂に据えられた高価なデジタル教会オルガンで、手鍵盤中央付近の鍵が多数まとまって鳴らなくなった、という故障通報がありました。

4鍵ずつグループ化した鍵盤スイッチのデイジーチェイン配線だから・・・と推理するには鳴らない音域が広すぎ、また鳴る鍵と鳴らない鍵の境界がそれでは説明のつかないところにあります。
音源回路基板あるいは周辺基板の故障を疑おうとしても症状との関連を説明しづらく、念のためすべての基板を交換してみましたが、はたして変化なしです。

こうなると精神的に追い詰められます。試験終了時刻が迫ったのに問題を解く糸口がみつからない、そのときの心境です。腋の下を冷や汗が伝い、頭はホヤーンと無力化されます。

一旦引き揚げてメーカーの意見を求めるしかないか、と諦めて片付けにかかったところで、あっと、目が鍵盤スイッチに釘付けになりました。金属板の接片が折り曲げられています! それも1本だけでなく、鳴らない鍵の数だけ!

先生が驚き慌てる姿を見て笑ってやろうという生徒の悪戯に違いありませんが、しかし一目で親のベンツより高価だろうとわかるオルガンに、しかもわざわざ外装ケースを開いてまで、手を出しますかね。接片1本曲げるだけでも、バレたら保護者呼び出し、悪くすると停学処分かもしれないのに、多数いっぺんに曲げてオルガンを壊滅状態にしてやれなどとと、思いきったことを考えるはずがない。ふと考えたとしても、怖くて実行できるはずがない。

こちらはそう思い、そう決めてかかりますが、そこが落とし穴です。この悪戯を仕掛けた生徒クンは今や社会の中堅、持ち前のアイディアと実行力でそうとうの大物になっているでしょう。

相談室に戻る           HOME