こぼれ話  一見重症のほうが、たいてい軽症

電話の向こうでうろたえた声。・・「オルガンが、あのう、なんというか、めちゃめちゃになってしまったんですが、こんな状態からでも直るものでしょうか?」
お話を承ると、なるほど「壊れたクラリネット」の歌並みに故障だらけ、というよりほぼ壊滅的な状態のようです。

その故障の数々がある日突然、一度に襲ってきたと聞くと、こちらは途端にニコニコ顔になります。こういうのは簡単に直りやすいのです。電源が入らなくなった、ランプは点灯するが音が出ない、そういうのもたいてい簡単です。原因はおそらくどこかに一つ。そこを見つけて直せば、どんなにひどい状態になっていた楽器でも嘘のように正常に働きだします。

故障がおこった原因によっては、「ここをこのようにして」とご案内するだけでユーザー自身の手ですぐ直せる場合があり、おそらくそうだろうと見当をつけたときには試みていただきます。そして(正確に診断しているからですが)たいてい成功します。特定の配線コネクターを一度抜いて差込みなおしてみる、そんな程度のことであっさり直ってしまう幸運なケースがけっこうあるのです。

話を聞いただけで「あ、あそこだろ」と即座に診断できても、部品交換を要し、その作業が慣れない素人さんには難しすぎるだろう、失敗してかえって事態を深刻にしかねない、という場合は、出張しなければなりません。

ところで反対に、「ふだんの使用にさほど差し支えがあるというほどではないのですが、時たま、おかしな雑音が出るので、一度みていただけますか?」という類の訴えが来ると、渋い顔になります。こういうのは概して不良箇所の特定が容易でなく、ちゃんと尻尾を押さえて正規の診断を下すには、何時間もネズミの穴の脇に佇む猫みたいに待たねばならないかもしれません。楽器は人の顔を見るのか、昨日まではたしかにゴネていたという楽器が、こちらが現場にいる間は良い子に化け続ける、というのはよくあることです。

尻尾を出す様子がないと見たときは、やむをえません、こちらで故障のメカニズムを推理して、ここぞというところを攻めておきます。予防的な処置を施しておくのです。ゲリラが隠れていると睨んだ村に爆弾の雨を降らせておくようなもので、はたして当たったかどうかは、その後すくなくとも数週間様子をみないと何とも言えません。
結果的には殆ど百発百中ですが、何ヶ月か経ってから「ちゃんと直ったようですよ」とレポートをいただいても依然「戦果不確実」に違いないので、達成感がいまひとつです。


相談室に戻る           HOME