こぼれ話  桶屋はなぜ儲かった?

「桶屋が儲かった」なら「あ、風やろね」とたちどころに根本原因を見抜くのがベテラン。楽器の修理は場数つまり経験が大きくものをいう世界なのであります。

しかし、いかに出動回数を稼いだとしても、すべての故障パターンに出くわして、それぞれの場合の対処方法を身につけられるわけではありません。そこで仲間うちで経験知識の、いわばデータベースを共有することが大切になります。

「その症状なら経験がある。そのときの原因は・・・だった。」」  

電子回路の故障は、あちこちにまんべんなく散らばって起こるものでなく、特定の部品が原因になっていることが多いので、このような情報が得られれば、いわば山の8合目か9合目までロープウェイで登っていくようなもの。そのひとことが無ければ、辿り着くまでに数時間、十数時間かかったであろうところまで一挙に進むことができ、しかもそれはたいていの場合、当たっているのです。
もちろんお世話になるばかりでなく、自分が苦心惨憺したあげくにようやく乗り越えた症例の経験をデータベースに提供しておかねばなりません。 ・・・ もっとも今までを振り返ってみると、恥ずかしながら、助けてもらう一方に近かったように思いますが。


相談室に戻る           HOME