こぼれ話  鍵盤タッチの話

オルガンに詳しくない方のために「トラッカー・タッチとは何か」から始めたいと思います。
パイプ・オルガンは、早い話が、いろいろな音の高さ、いろいろな音色を持つ縦笛をたくさん並べてあって、鍵盤を押すと特定の笛に加圧された空気が入って発音させるようになっている楽器です。空気弁が開閉して笛を鳴らしたり止めたりします。

どうやって鍵盤から空気弁を開閉するか。最も古典的なのが鍵盤から棒で押したり引いたり、あるいはシーソーのように動く部品、ねじるように回転する棒などを利用したりして、奏者の指の力を空気弁に伝達するものです。

奏者が鍵盤を押し下げていくと、ある深さに達したところで空気弁が開くのですが、奏者はその時指先に抵抗の変化を感じます。それは風呂の排水栓を抜く時に通ずる感触です。ポンっと抜くと、その拍子に手応えが軽くなりますね。

オルガニストは、伝統的オルガン音楽を演奏するために作られた、いわゆる教会用の電子オルガンに対しても、鍵盤がそれと同じ感触を持つことを要求する傾向が強く、そのためメーカーはいろいろな構造を考案してきました。元々無いものなのに、あれと同じにせい、と言われれば、何か代わりの仕掛けで似た感覚を作り出さねばなりません。
身体を鍛えるためのボート・マシンや自転車漕ぎマシンも同じような苦労をしています。ボートや自転車が室内で走るわけないので、オールやペダルはスカスカに軽いはずですが、それでは鍛錬にならないので、わざと重ーくなるような仕掛けが付けられているでしょう。

電子オルガンの鍵盤ではバネの屈伸を利用するものと磁石を利用するものが一般的でした。バネを使うものでは、鍵を押していくと徐々にバネに力がかかっていくが、ある点を過ぎると逆に力が緩められるように作ります。この鍵盤を弾くと、ごくん、ごくんという手応えで、何もないよりは良いにしても、どうも不自然で大げさです。この感触は「トグル・タッチ」と呼ばれます。

磁石を使うものは、たいてい二つの磁石が互いに引き合う力を利用しています。磁石の距離を変えて「愛し合う恋人を無理やり引き離す」、「感激の再会をさせる」ことで、ポンっという感触を作ります。まっすぐ引き離すタイプと、至近距離を隔てて対面していたものを横にずらすタイプとがあり、後者のほうがより自然な手応えを得られるようですが、バネにせよ磁石にせよ、鍵を押すときの感じがうまく出せていても、離すときの感じがちょっと違うように感じられます。

あるメーカーは一時面白い仕掛けを採用しました。屋上で繰り広げられる銃撃戦、そのうち一人が勢い余って墜落しかけ、両手で辛うじて軒にぶら下がっているという、アクション映画の定番シーンをご想像下さい。鍵梃子の端を軒とし、そこに先端を折り曲げた金属板が指のように掛かっています。鍵梃子の後端がシーソーの原理で持ち上げられるとと、もはやこらえきれず、「あーっ!」というわけ。
この構造は鍵を離すときの感じがバネ式や磁石式より優れているように思いましたが、すぐに姿を消しました。「あーっ!」「あーっ!」と同じシーンを頻繁に繰り返すので、摺動部分に貼られたフェルトの磨耗が懸念されたのでしょう。

鍵の往復両方で具合の良い構造として、シリコンゴムのような柔らかい素材で出来た、ちょうどお椀そっくりの形をした部品を採用している鍵盤があります。そのお椀は鍵の下に伏せた形で置かれており、鍵が押されると押し潰されます。離すと再びポコと膨れて元の姿に。この構造の鍵盤は構造が簡単で量産しやすく、従って価格が低く抑えられます。
ただし何もかも良いことずくめというわけにもいかないようです。お椀のような部品の材質が年数を経て劣化するとペコペコと異音を発するようになったり、ついに破損してその鍵だけタッチが変に軽くなったりする例がみられます。もちろんそれは部品を交換すればたちまち直ります。


相談室に戻る           HOME