こぼれ話  タッチに感応する鍵盤

機械式と呼ばれるアクション機構を採用したパイプ・オルガンは、鍵梃子の動きが棒の押し引きや捩れ、あるいは運動中継部品の回転やシーソー運動といったメカニズムの連鎖でパイプの足元にある空気弁まで伝わっていって、弁を開閉するようになっています。古い時代には「当時はそれしか無かった」という単純な理由で機械式オンリーであったのですが、のちに空気圧を利用した倍力装置付きアクションや電磁弁を使ったアクションが現れて、しばらくそちらに傾いたあと、機械式アクションの長所が見直され、それへの回帰がおこりました。

機械式アクションの長所とは、指先の動き具合がそのままパイプの空気弁に伝わり、その開き方をコントロールできるという点です。弁の開けかたをさまざまに変えると、音の鳴りだしかたもそれにつられて変わります。一方、電気アクションでは鍵盤は電流を断続するスイッチであり、それで電磁弁を作動させるだけですから、どんな押し方をしたかに関係なく毎回同じ調子で弁が開閉し、パイプの鳴りだしかたも毎回同じです。ですから、たいていのオルガニストは「機械式アクションのオルガンでないと表現力に欠ける」と主張します。

さーて、困った。教会用の電子オルガンは長い間、電気スイッチとしての鍵盤を持ってきました。電気アクションを持つパイプ・オルガンと同じで、打鍵ニュアンスが音に全く反映されないじゃないか、だから駄目なんだ、とボロクソに言われてきました。

ハイテク技術屋さんが黙って我慢していると思いますか? なにくそ!です。いまだに一部のメーカーにとどまりますが、打鍵ニュアンスで発音をコントロールできる教会オルガンを作るようになりました。どのように打鍵されたかは、ひとつの鍵にスイッチをふたつ付けることで検出します。押していくとまず一つめのスイッチがONになり、さらに押していくと二つめのスイッチもONになるというもので、ふたつのスイッチの時間差を瞬間的に計算して、「どのような音の鳴りだしかたであるべきか」音源装置が考えます。

この技術はデジタル・ピアノにも使われていて、鍵の叩き方によって生まれる音量の大小はもちろん、音色の変わりようまでリアルに聞かせます。「さすが、コンピューター!」です。

しかしデジタル・オルガンでは、デジタル・ピアノより問題が難しくなるように見受けられます。ピアノの場合は鍵が底づきするところまで下がったあたりで(勢い良く蹴り出されたハンマーが弦を叩きにいったという感じで)音を出せばいいのですが、オルガンのほうは鍵が行程の1/3くらいまで下がったところで早くも鳴りださねばなりません。しかもその段階で既に発音ニュアンスが決まっていなくてはならないのですから、時間差を計測する区間をずっと浅いところに設けないと間に合わないことになります。

しかし、浅いところで計測を終えられるように二つのスイッチを設けたい、鍵ごとのバラツキを抑えるために両スイッチの間隔を広くとっておきたい、スイッチ取付位置が正確でないと計測結果に乱れが出る、調整不要かつ量産容易な構造を考えて製造コストを抑えよ、といろいろな条件を並べられると、これは容易な課題でないと気づきます。

ここでやむなく多少の妥協がおこなわれるためか、発音が微妙に遅めに感じられる仕上がりになる傾向があるようです。打鍵のニュアンスを演奏でより大きく生かせる「小規模なオルガン」の見事なデジタル音源化は、、まだもう少し先の目標と言えそうです。


相談室に戻る           HOME