こぼれ話  ブービートラップ

楽器を修理するには、たいてい分解していく必要があります。ラッキョウの皮を剥くように、裏板を開き、内部の金属カバーを取り外し、さらに問題箇所の上にかぶさっているアセンブリーを取り外すというようなことになるのですが、初めて出遭った機種ではもとより、既に勝手を知っているつもりの機種でも、「ブービートラップ」にやられることがあります。

ブービートラップとは「仕掛け爆弾」。ドアを開けたらドカン、何かを手にとったらドカン、道に細糸が張ってあってドカン! の類です。

楽器で爆発はないものの、まず問題箇所を覆っている金属カバーなどを取り外そうとしたところで、微かに何かがひっかかったのを一瞬指先に感じます。 ・・・・ 「あーっ! やられた」  ごく細い電線が表から見えにくいところでつながっていたのを切ってしまったのです。

切れたのが1本だけなら、あとでハンダごてを取り出して元どおりにつなぎ直しておく、その手間が増えるだけで、3分とか5分とか余計にかかりますが、たかがしれています。

困るのは細い電線が複数で、しかもその先がコネクターなどにハンダ付けされていた場合。ほぼ100%ハンダ付け箇所で切れますから、2本以上同時に切れていると、どれがどこにつながっていたのか、見分けがつきません。幸い配線図があるなら照合できますが、持っていない場合は「頭の体操」をやらされます。楽器の内部を見て回って、配線の色使い、結線順、基板パターンなどを観察し、ある種の規則性を看破して「この端子にはこの色のワイヤーがつながっていたはず」というふうに結論を得るのです。

配線をハンダ付けし直して修理、というのも容易でないのが普通です。カバーをちょっと持ち上げた段階で早くも引きつれて切れてしまった、ということは電線の長さに余裕がないわけですから。床に腹這いになったり横泳ぎの姿勢をとったりしてハンダ付けせねばならないことがあります。

場数を踏み、経験を積むと、戦場の古参兵のように危険を嗅ぎ分けられるようになりますが、それでもたまにやられかけます。金属カバーを取り外す時は指先の感覚に集中して、ごくゆっくりと。少しでもひっかかりを感じれば、歯科医が使う柄付き鏡を隙間から差し入れて様子を把握。そのくらいの慎重さが必要です。

最近出遭ったケース。構造を知っている機種で、ブービートラップがある箇所も心得ています。なぜなら十数年前の初対面でドカンとやられた苦い経験があるからです。今回は気をつけて柄付き鏡で偵察。配線の仕方、コネクター部品が変更されていました。前に見たのよりすっきりしているので、コネクターさえ抜けば、あとはこっちのものです。ところがそのコネクターが固く嵌っていて、指先でつまんで引っ張ったくらいではビクともしません。工具で挟もうにも、安全に挟めるところがなくて、無理をするとコネクターが割れたり電線が外れたりして新たなトラブルに発展しそうです。だいいち、どこから先が抜けるようになっているのか? 力をかける場所を見誤ると、基板についているコネクターをまるごともぎ取ることになるかもしれません。

幸いなことに部品交換を要する箇所が金属カバーを完全に取り去らなくても、慎重にずらすだけでなんとかアクセスできるところだったので、問題のコネクターを抜かないままで作業を終えました。これは言うなれば「起爆解除作業させてやらない」タイプの爆弾。アクション映画のようにスリリングです。


相談室に戻る           HOME