こぼれ話  説明が悪かった?

楽器におこる不具合の中には要領さえわかれば素人さんにも簡単に直していただけるものがあり、電話などで状況をうかがって、きっとそれだと診断した場合、「作業手順をご案内しますから、ご自身で試してごらんになりますか?」と申し上げます。
ほんのワンタッチ!で済むことなのに、はるばる出張してご出費を強いるのは必ずしも親切な振舞いでないと考えるのです。
「よし、教えてくれ」とくれば、作業手順書を書き、言葉で説明しきれないところはカラー写真やイラストの挿入で補ってPDF形式のファイルにし、電子メールにつけて「飛ばし」ます。やむをえず郵送ということもあります。
「いやー、私には出来そうもない。お金がかかってもいいから来てくれ」と仰せになれば、そのときは出張します。

さて、ずいぶん昔のことですから、手書きかワープロ打ちかでやっていた頃の話ですが、ある教会相手にそうした作業手順書を書きました。いまのようにデジタル画像をたくさん用意しているわけでなく、どうしても写真を挿入しようと思うなら文字どおり「切って、貼って」の面倒な作業ですから、できるだけ文章だけで説明してしまおうと考えます。

そのときのオルガンは最初に天板を引き起こして開き、次に内側から裏板のロックを外すタイプのもので、作業中に天板が落ちてくるのを防ぐため、金属製の支柱が脇に備えつけられていました。人間の腕が肘関節で曲げ伸ばしできるのと同じように、使わないときは二つ折りされ、天板を起こすと1本棒になるものでした。肘関節には不意に折れ曲がらないようにロックがついていて、伸ばすと自動的に固定ピンが入り、折り畳むときにはまずボタンを押してピンを抜きます。

作業手順には「トラブルが直ったら、楽器を元通りにするために裏板を嵌めてロック金具をかけ、それから天板を支えている支柱のロックを解除して二つに折りながら、そろそろと天板を降ろして下さい」というふうに書きました。

かなり後の話になりますが、その教会を訪ねる別の用事ができたので、そうそう、ついでに楽器の中を見ておこうと思い立ち、天板に手をかけました。 「ん?」 なんだか手応えがヘンです。 いつもならパチンとロックがかかる開角度を通りすぎているのに、反応も抵抗もありません。 ああーっ、支柱金具全体が取り外されていました。

でも、どうして取り外してあるの? 見ると、ぐにゃりとひん曲がっています。この頑丈な鉄材を・・曲げた?・・まさか・・嘘でしょ。ちょっと、神父さまー! ここ、ご覧になって下さい。

神父様はニコニコ顔で、「あ、それ? 『支柱を折る』って説明に書いてあったので、そのとおりやってみたのですが、私の腕力では二つに折れなくてね」

そうでしょうとも。そうでしょうとも。

相談室に戻る           HOME