こぼれ話  自己診断

このごろの家電製品には、何か具合の悪いことがあって命ぜられたとおりの仕事ができないと、その理由を簡単な文章あるいはエラー・コードという数字で報告するものが多くなりました。ファクスの液晶窓に「キロクシカクニン」と出ていれば記録紙が切れたか、あるいは紙が詰まったか、そこが気に入らないで止まったのだとわかります。自動車も整備工場で自分のどこが不具合をおこしているのかを整備士に知らせます。

こういう自己診断機能、あちらの言葉で「セルフ・ダイアグノーシス」がデジタル・オルガンにも備われば、故障修理のときに大いに役立つはずです。
それが実際に登場したことがあります。「おいっ、どこをやられた? しっかりしろ!」と抱き起こしたオルガンがようやく薄目を開けて「せ、整流ダイオードですっ」とでも言ってくれれば、「おお、交換してやるからな。待ってろ」と直ちに手当てにかかれます。

そのときのは楽器自体が自己診断機能を持っているのではなくて、専用に作られた診断装置を規定どおりに接続し、さらに数個の集積回路チップ(通称ゲジゲジ)を診断装置付属の専用品と交換するようになっていました。準備作業と、診断後に元通りにする作業とが結構面倒ですし、出張修理ではありがたくない大きさと重さでもあります。。それでもトラブルの原因がわからないで困り果てたときには強力な助っ人になるはずで、さっそく職場に導入しました。

早く試したくてサービスコール(修理要請電話)を待つこと暫し、ついに初出動の機会がやってきました。故障したオルガンのところに行ってみると、それは原因も対処方法もわかっているタイプのトラブルで、いまさら診断装置の出番でもないのですが、どのような「ご高見」を吐かれるか興味津々で、説明書どおりの作業をして準備を整えました。

で? ・・・ とんでもない診断結果が示されました。笑っちゃう・・。激しい腹痛で担ぎ込まれた男性に「陣痛デス」と告げるようなものでした。「これはね、ここが悪くて、このようにすれば直るんですよ」と実際に直しながら教えてあげましたが、学習機能が無かったとみえ、その後も誤診ばかりで全く役に立たず、最終的に業績ゼロのまま粗大ゴミになりました。

他の世界ではいざしらず、デジタル・オルガンでは、まだまだ人間の知識と経験と勘がものをいうようです。

相談室に戻る           HOME