サービスこぼれ話     ”想 定 外”

話を始める前に、メカに詳しくない方のために、旧式の電子オルガンと、それより進化した電子オルガンと、内部構造の比較をご覧に入れましょう。

「ジャングル配線」の旧式 のちに一般的になった配線方法

ジャングル配線の楽器で、どこかにトラブルが発生すると、むろん症状からの判断で問題がありそうな場所は見当をつけられるのですが、電線の茂みをかきわけて回路基板を抜き出し、テスターであちこち当たって不良部品を特定し、部品箱の中から同じ規格の部品を探し出して交換し、また元通りに組み付けて動作するかどうかをみる、直っていなければ再度抜き出すか、あるいは他の怪しい回路基板で同じようなことを繰り返す、そういうことをやるので、どうしても現場作業時間が長くなります。

そこで考えられたのが、予備の回路基板を持参して、とにかく基板まるごと交換してしまう方法です。配線はコネクターを引き抜くだけで取り外せるので、作業はごく簡単。何枚かの基板を順に取り替えていくうちに「当たり籤」をひいて、めでたく修理成功と相成る理屈です。これなら未熟な技術者でも素人でも出来ますから、問題が回路基板の故障なら、大半の場合は苦労を要しなくなりました。

ところが、何を交換してみても直らない故障というのに時たまぶつかります。「頭の体操にちょうどいいね」なんてうそぶいておれる状況ではありません。原因が「常識ではちょっと考えられない」ところにあったときは、うんと苦労させられます。

最初にその種の試練を受けたときのことを鮮明に思い出します。、楽器の中に敷かれているケーブルの芯線がほとんど切れかかっていたのが原因で、それを発見するのにまる一日かかりました。糸のように細いワイヤならともかく、鉛筆くらいもある太いケーブルが、繰り返し曲げ伸ばしされるところでもなく、被覆に傷がなく、しかもまだ真新しいのに、内部で半断線しているかもしれないなんて、誰が考えるでしょうか? 

完全に切れてしまっていたなら、いくら想定外とはいえ、理論的に突き詰めていって割合簡単にみつけられるのですが、半断線、つまり軽い衝撃や揺れで一時的につながったり、また切れたりという状態のため、症状が時々変わっており、それに気づかなかったので、長時間翻弄されました。

じつはこのとき、6時間もぶっつづけで調べたのに、どうにも原因がわからなくて、諦めて道具を片付け始めていたのですが、疲れきったせいで不注意にも工具を取り落としてしまい、その工具がまったく偶然にケーブルの断線箇所の上に落ちたのです。当たった衝撃で電気が通り、その一瞬だけ、沈黙していたストップがブッと音を出しました。「ん? これは?」  

いったん尻尾をつかめば、あとは楽勝です。あのとき工具を落としていなかったら、あと延べ何時間苦しみ続けることになったでしょう。

                          相談室に戻る          HOME