こぼれ話  血が凍る思い

依頼を受けてオルガンの整備に出向きます。今日立ち向かうトラブルは話を聞いただけで原因がだいたい読めていて、むろんその対処方法もわかっているというもの。作業にあたって注意を払わねばならない点も心得ています。いわば楽勝試合。

これまで場数を踏むうちに身をもって覚えてきたのは、簡単にできそうな作業でも、慢心や油断は大敵だということ。「航空機事故はたいてい複数の要因が同時に絡んでいる」といわれますが、楽器の修理では単一の些細なミスで深刻な事態を招き得るので、一挙手一投足に神経を集中させ、各段階でのチェックを念入りにおこない、万全を期します。

注意深く作業を終えて、もう一度頭の中で手順を反芻し、目視点検もおこない、いよいよ電源スイッチを入れます。

ありゃりゃ?! ・・・ 電源スイッチが入らない、入っても異常動作するといった「ドッキリカメラ」状況が待ち構えていることがあります。中にはその日の作業でいじっていないところに全く新規の問題がおこっていて、その上、直した部分よりそっちのほうがよほど深刻だったりということも。・・・ もちろん稀なケースではあるのですが。

さらにいやらしいケースとして、電源スイッチを入れてみた時には何もかも正常に動作するので、うまくいったとルンルン気分でしばらく試奏していると、少し時間が経ってから突然ガクンというのもあります。作業に何か不手際があって、それが原因で回路に負担がかかり、数十分経ったところでついに耐え切れなくなって基板故障に至っていたなら切腹モノです。少なくともそうではありませんように、と祈りながら、楽器との格闘を再開します。

それに輪をかけて、もっともっと意地の悪いのが、時間が経ってから突然出たトラブルの原因を発見しようと躍起になっている最中に、ひとりでにフッと直ってしまうというもの。「ああ、良かった」では済みませんよ。何かおこったからには原因があるはずで、現行犯逮捕しそこなったなら確実な証拠をみつけて来い、ということになります。でもオルガン修理の世界にはあいにく自供も防犯カメラもありません。根性で取り組みます。

まあ、幸いなことに、これまで一度も白旗を掲げることなくやってこれました。いやらしいケースに遭遇してさんざん苛められながら、ようやく問題の糸口をつかみ、解決できた日の誇らしげな気分は格別です。

相談室に戻る           HOME