こぼれ話  これが無いというのも

審判の手が高くあがって、試合終了―う。

何回もアンコール演奏をねだって拍手をやめないコンサートの聴衆よろしく、プロレス試合が終わってもテレビの前を離れなかったものです。さあ、これから始まるぞ。

子供の頃・・力道山という人気レスラーが大活躍をみせていて、試合が済んでから、なんとなく乱闘が始まると筋書きが決まっていました。その乱闘のほうが試合そのものより迫力に満ちていたのです。
殴る、蹴る、リングからこぼれ落ちて場外戦。そのうち、どこから持ち出されたか、パイプ椅子が振りかぶられて、後ろからボカン! 並みの人間があの攻撃を食らったら、一発であの世行き。

そんな危険で、もちろんルール違反の乱闘騒ぎのはずなのに、プロレス試合のあとにこの発展が無いと、なにやら拍子抜けしてしまったものでした。大人になってからはプロレス中継を観ていませんが、今も乱闘があるのでしょうか。

なんの関係があるんだ?と訊かれそうですね。
オルガンの修理があっさり、あるいは最初に予想したとおりのペースで無事終わってしまうと、それは爽快ではあるのですが、同時に正直なところ、拍子抜けしたみたいな気分に襲われるのです。

時代劇によく登場する「殺気!」  オルガンの修理が終わって道具を片付けている時に、これを感じることがあります。
今のところは指摘されておらず、自分でも発見もしていないが、まだ何かあるような気がする! というムズムズ感がしてくると、そのままでは帰れません。軽く試奏などして「敵を誘う」と、はたして出てきます。そうら、居ったぞ!

それからがオルガン修理版の「場外乱闘」、ときには本来の仕事より大掛かりな作業になります。

実例として、全くウンともスンとも鳴らなかったオルガンが生き返ったというところまでで1時間。万歳!ということがありました。ところが音が出始めてみると、鳴らない鍵があるのを発見。
そりゃ当たり前です、周りの鍵が一斉に生き返ったのに、こいつは死んでいるのですからね、目立ちます。

鍵接点の修理はチョイと分解してスイッチ清掃、それで駄目とわかったら部品交換で、プラス1時間もみておけば出来ることです。不良鍵を見つけたからには、すぐに取り掛かります。

ところが! 分解するには数本のネジを抜いていくのですが、頭の溝が完全に潰れていてドライバーを受け付けないのが混じっています。いくら力を込めても工具がカラ回りするばかり。
こうなると、「どうやってネジを抜くか」、そこを先に解決しないと行き詰まりです。

その時は結局、あっと驚く奇手を繰り出して、まずネジ抜きに成功し、それから先は普通の手順で作業終了までいきましたが、ネジを抜くという単純な工程に何時間もの試行錯誤を要しました。プロレスの試合後場外乱闘みたいな壮大な見せ場でした。

おそろしい経験でしたが、しかし、想定範囲外の伏兵に襲われ、窮地に追い込まれて、さんざんな目に遭わされることを、なんとなく心の一隅で期待しているようなところがある・・とは。自分でもおかしな心理だと思います。

相談室に戻る           HOME