こぼれ話  ランボーの喧嘩支度

「もう我慢ならねえ!」 ついに堪忍袋の緒が切れたランボーが軍の武器庫に乱入し、持てるだけの武器弾薬を掻き集めて持ち出す、あの映画のシーンをご存知でしょうか?

オルガンの修理依頼が舞い込んだ、出動だというとき、ランボーみたいに素早く携行品選びを始めます。その日、相手にする楽器のメーカー、機種によって携行すべき工具や補修部品が異なるので、出動の都度、チェック・リストを見ながら注意深く別々の呼集をかけるようにしています。

列車、バス、徒歩で現場に行かざるをえない場合は、そこで要るかもしれないものが何ひとつ欠けてはならないのと同時に、1グラムでも軽くまとめ、かつ鞄の個数を増やさないように考えねばなりません。
故障箇所、修理内容がはっきりしているときでも、既に決めている必要最小限の工具等一式は必ず持っていきます。名付けて「一軍チーム」、長い間の経験から選び抜いた精鋭です。

自分でも「今日は要らないはず」と思っているものが、いざ蓋をあけてみると意外にも役に立ったどころか、それが無いと完了できないところだった、ということがよくあり、結果的に要らないまま終われば無駄なものを持ち歩いたことになるかもしれないのではありますが、「一軍チーム」所属の工具等はすべて、嫌がらずに連れ歩く値打ちがあります。

こうして定着した「一軍チーム」の鞄を持つと約8キログラム、それに何か併せ持つと10キログラムに及びます。
海外旅行に行くわけでもないのに、鞄の車輪をごろごろ鳴らしながら、訪問先へと向かうのです。

自動車で行ける場合は、さらに念のためという心理が働いて工具や予備部品を多く持ちたくなるのですが、接着剤、スプレー缶、ゴムを使った予備部品などは車内に残すと温度上昇の悪影響が心配で、特に夏場は現場作業の前に建物内へ、終われば自動車へと、引っ越しの真似をすることになるので考えもの。状況によります。

「これだけ持っていれば何にぶつかっても切り抜けられる」工具類の選択は間違っていないようで、最近の数年はずっと携行品チェック・リストを修正せずにきており、もちろん現場で「今日あれさえ持ってきていたら」と悔やむことなど一度もありません、ランボーの境地です。

相談室に戻る           HOME