サービスこぼれ話     ネコのたてこもり事件

エクスプレッション・ペダル、つまり音量を変化させる踏み板の部分をご覧下さい。足先を入れて操作するので、ここは窓のように切ってあります。
たいていのメーカーはこの部分に内側から箱を被せて、窓から奥が丸見えになるのを防いでいますが、そのように作られていない楽器もあって、そこにネコが登場すると、ひと騒動持ち上がります。ネコはこの窓から奥に入りたがる習性を持っているのです。
相談の大半は「うちのネコが事実上オルガンの中に住んでいるが、楽器は大丈夫か?」とか、「入って行ったきり姿を見せないので心配になってきたが、中で身動きとれなくなっているのじゃないか」とかですが、「野良猫が入っていくところを見た。すぐに来て追い出してくれ」という急報もありました。
こうなると修理でなくて、むしろ警察活動というべきです。おっとり刀で駆けつけ、エクスプレッション・ペダル部分の窓から覗いてみても、ネコの顔は左右どちらにも見えません。「とっくに出て行ったようですよ」 「いや、まだ居るはずです」  
居るにせよ居ないにせよ、中で万一用便でもしているといけないので、念のため裏板を開けて内部をあらためようということになり、その楽器での開閉手順としてまず天板を持ち上げて開き、慣れた手つきで内側から裏板のロックを外そうとすると、そのとき視野いっぱいに毛皮が!  びっくり仰天、思わず飛び退りました。
ネコが居るとすれば楽器内部の床部分と思い込んでいたのに、どうやって上がったのか、手鍵盤メカの上、つまり天板のすぐ下の空間に腹ばいになっていたのでした。楽器の中は突起物だらけなので、ネコはどう動いたものかと迷っている様子。
「こりゃっ、こりゃっ!」(背中をこづく)   「ウニャニャッ!」  ネコはすさまじい剣幕で飛び降り、走り去っていきました。いくら敏捷で毛皮を着ているネコでも、あの速さで突起物だらけの楽器の中を駆け抜けたら、引っかき傷を幾つもこしらえたはず。あとで「アンニャロォ」と呪いながら傷口を舐めていたでしょう。

なお今の日本では稀ですが、ネズミの出入りによるトラブルもあります。ネズミは立てこもるだけでなく、内部の電線を齧るとか、糞尿を残すとかの狼藉を働きます。木の箱といわず、ボール紙製であっても、エクスプレッション・ペダルの奥が塞がれているなら、ネコ、ネズミ騒動の防止にはきわめて有効です。

                          相談室に戻る          HOME