サービスこぼれ話     20年後に、ようやく完成?

20年ほど前に輸入され、概ね調子良く働き続けてきた楽器が、急に妙なトラブルをおこしました。それも故障しっぱなしでなくて、ときどき勝手に正常な状態に戻り、「ああ、よかった」と喜ばせておいて、また再発するという意地悪なパターンです。この種のトラブルの原因は文字通り「草の根分けて」探さねばなりません。「よくわからないが、今はとにかく正常になっているから」でとりあえず打ち切りにすると、後でひどいことになります。
犯人を追う警察犬のようにクンクンと鼻を鳴らしながら細い電線をたどっていきますが、たとえば今たどっている電線が被覆の中で切れかけているかもしれないというところまで、あらゆる可能性を考えねばなりません。「これは信用できる」という思い込みは禁物です。

今回のは、1本の細い電線がハンダ付けされているかのように見えて、じつはまったくされていなかったというのが原因とわかりました。もう1本の電線と縒り合わせてあるので、もちろん2本一緒にハンダ付けされているように見えますが、じつはハンダ付けがちゃんとできていたのは1本だけだったのです。もう一方は辛うじて触れているという不安定な状態なので、ちょっとした振動などで接触状態が変化します。原因さえわかれば、浮いているほうの電線をきっちりハンダ付けして、一丁あがり! 

工場を出て20年ほど経ったところで、ずっと未了になっていた最後の1箇所のハンダ付けがようやくおこなわれ、それにてめでたく正式完成の日を迎えた・・・ってことになりますね。

前にも、一つの部品のハンダ付けをまるきり忘れていたのに出会ったことがあります。ハンダ付けが下手糞の、通称「テンプラ」や「芋付け」ではなくて、そもそもハンダを流そうとした形跡がまったく無いというものです。その楽器においても新造時には部品のリード線がなんとか基板の金属パターンに触れていたので正常に動作し、年数が経ってから接触が悪くなって、それで初めて問題が露見しました。

さらに、これはやや古い話ですが、もっと深刻な事例として、電源スイッチへの配線を忘れて出荷してきたのがありました。交流100Vが来ている怖ろしい電線が、蛇かムカデみたいに宙に身をくねらせているところをご想像下さい。先端がどこかに触れると、その瞬間に電子回路が壊れたり、人間が感電したりする危険があります。実際異常に気づいたのは、設置作業を始めて楽器の内部に触れたとたん、そこで受けるはずのない強い電撃を食らった時です。

電源の配線が出来ていない楽器は絶対に動作するはずがないので、1台ずつ丁寧におこなわれているはずの完成試験をどうやってパスしたのか、不思議です。

                          相談室に戻る          HOME