サービスこぼれ話   熱中症

ある教会のオルガンが、とんでもない音を出すようになったという修理要請を受けて、出かけました。時期は、じりじりと暑い真夏のことです。

デジタル音源が故障をおこした時には、ギャァァァーンという轟音が勝手に鳴り続けるとか、音階がでたらめになるとか、さまざまな症状があらわれますが、現場に着いて電源スイッチを入れてみると、なんだ、正常に動作するではありませんか。そういうのは、よくあることなので、べつに驚きません。
それにじつは、礼拝堂に一歩足を踏み入れた時に既にピンとくるものがありました。確かめるために、教会の人に日頃の楽器の使いかた、故障が発生した時間帯、それに建物の方角を確認します。いよいよ間違いなし。

演奏にさいしてフル・カバーを完全に取り払わず、鍵盤の部分だけカーテンのように左右に開いて弾いておられたのです。

教会のオルガンは概して図体が大きいので、演奏後に分厚いフル・カバーを再び被せるのが結構面倒です。最近のカバーは昔からみればずっと軽い素材になっているのですが、すべすべ、ふわふわと天女の衣みたいに逃げ回って、手が届かないところにはかえって掛けづらいところがあります。小柄な女性が一人でカバーをかけようと奮闘する姿など、まるで馬体を洗う図です。それでつい、手抜きを考えてしまいます。「鍵盤の部分だけ開いて弾いてしまえ」と。
この教会ではご丁寧に、フル・カバーを被ったまま、窓から射し込む強烈な直射日光を浴びていました。真夏に綿入れを着て日向ぼっこしているのですから、たまりません。楽器内部の温度が一時的に上昇しすぎたのです。幸い回路故障はおこっておらず、「夏場は必ずフル・カバーを取り払った上で演奏して下さい」で一件落着しました。

このメーカーの楽器は暑がり屋で、内部に熱がこもると誤動作をおこしやすいので、とにかくできるだけ風通しを良くするように作られています。
一方でこれと正反対に、まったく通気孔を設けていないメーカーもあります。それが”熱中症”をおこしたのは見たことがありませんが、なにしろほとんど密閉に近い造りです。「これで本当に大丈夫?」とつい訊いてしまうのですが、メーカーからは「電子回路の発熱は、それだけのエネルギーが無駄になったということなのだから、発熱を抑えるように作る。熱がなければ通気孔は不要」と単純明快な説明。 ふうん、なるほどォ―。

                          相談室に戻る          HOME