サービスこぼれ話     音の狂宴

ある教会から「オルガンの音がおかしくなった」と点検、修理の依頼が舞い込んで、さっそく出かけました。たしかに音がおかしいのですが、その症状というのが初めて経験するもので、音が目まぐるしく変わっていきます。症状が一定でないという例は時々ありますが、こんなにセカセカとひっきりなしに変わっていくのには出会ったことがありません。
こういう場合、「どこがどのような誤動作あるいは故障をおこしたら、このような症状が起こり得るだろうか」と論理的に考えていくのですが、それではちょっと説明がつかない事態です。
ふと礼拝堂の音響調整装置が目に止まりました。この教会はオルガンから教会の放送音響設備にオーディオ信号を送り、説教の声などと一緒に増幅してもらうようになっています。こういうやり方は絶対に避けるべきなのですが、この教会には特別の事情があって、やむをえず、そうなっているのでした。
よく観察すると、おかしな音は教会の音響装置を通したほうからだけ出ていて、楽器本体の内蔵スピーカーからの音は正常です。するとオルガン自体は正常で、教会の音響装置のほうに問題ありということになります。
音響装置のところへ行ってみると、普通の教会で見かけるのよりずっと立派かつ複雑なのが設置されていて、スイッチだらけ。 説明書を探し出して読む暇はありませんから、パネルをじっくり見ていって、そのシステムの構成を把握しようとつとめます。
最初は目がくらくらしますが、数分間も眺めていると次第にわかってきます。小さなボタン・スイッチが一つ、押し込まれた状態になっているのをみつけました。
何やら書いてありますが、聞いたことのない用語です。おそらくメーカーの造語?
それをOFFにしてみると、症状がぴたりとおさまり、もう一度ONにすると「音の狂宴」が再開されることがわかりました。
原因が特定できたので、このボタン・スイッチをOFFにして、めでたく「一件落着―く!」

そのボタンが何だったのか知りたいとも思いませんが、おそらく1秒間隔くらいでイコライザーか音像配置の設定を変えていってディスコ風の音響を演出するエフェクターの一種だったのでしょう。
誰がそのボタンを押したのかはミステリーのまま、この事件は闇に葬られました。

                          相談室に戻る          HOME