サービスこぼれ話     摩訶不思議

オルガンの故障通報が入って、新幹線で日帰り出張した日。 
現場の教会に到着して調べてみると、オルガンは明らかに故障しています。回路基板の交換を要しそうです。電源を確実に切り、基板に被さっているアルミのシールド・カバーをまず取り去り、それから回路基板の結線を次々にはずし、固定ネジを抜いて、あらかじめ準備しておいた予備基板と差し替えます。簡単なようで、けっこう手間のかかる作業です。
回路基板の付け替えまで終ったところで、すぐ電源を入れて動作を確認しました。みごとに直っています。楽勝です。ルンルン気分でシールドを取り付け、裏板を閉めて「一丁あがり!」と言おうと思ったら ・・・ ん? また元通りに故障しているではありませんか。そんな馬鹿なァ! 

いろいろな可能性が考えられます。他の回路基板を交換してみたらどうなるかは、もちろん試しました。何をやっても駄目です。ついに諦めて、今日はいったん引き揚げようと決心し、そのさいの当然の手続として、回路基板をすべて、元々付いていたほうのものに戻しました。そうしないと何がどこへいったか、わからなくなって後に新たなトラブルの原因になりかねないのです。
各基板の組み付け−ヨシ、結線-ヨシと確認したところで、どうせ駄目だろうと思いながら自暴自棄的に一度電源スイッチを入れてみたところ、・・・・ありゃ? 動いた!

これは素直に喜べません。いまは直ったにしても、原因が解明されていないので、いつまた再発するかわからないのです。しばらく様子を見ましたが何もおこらないので、いちおう終わりにしようと、外してあったシールド・カバーを付け、裏板も閉めました。その上で、帰る前に、最後に、と祈るような気持ちでもう一度電源を入れてみると、 ・・・ また故障!  わけがわかりません。

この日におこったことを順に思いだしてみて、シールド・カバーを付けない状態では正常、付けた状態では故障と、何やら関連がありそうなのに気づきました。ただの金属カバーですから、それが悪戯をすることは考えられないのですが、この場合、疑わざるをえません。目視では何もみつかりませんでしたが、ルーペを取り出してじっくり見ていくと、取り付けネジ穴の一つの縁に髪の毛よりも細いバリ(金属の切り屑)がフラフラと、除去されずに残っていました。
なーんや、こいつかぁ。
シールド・カバーを取り付けると、この細ーいバリが風にそよぐように横に逃げて、すぐ近くを通る回路基板の配線パターンに微かにお触り。それこそミクロンのタッチですが、電気的には立派なショート事故が成立し、そのためにン百万円のオルガンがダウンしたのだと解明されました。

アハハ!と笑った息でどこへ飛んでいったかわからなくなった微細な金属の糸1本の悪戯で、おじさんが新幹線で遠くまででかけ、奥さんが心配し、JR西日本が売り上げを伸ばし、オルガン輸入代理店は社員一人を一日対策に差し出し、教会は多額の出費を強いられた ・・・ 
こらっ、誰のせいだ?  
工場での品質管理がいかに重要かを示す一幕でした。

                          相談室に戻る          HOME