裏山の散歩、お試しになりましたか? 恐怖の滑り台に挑戦された御仁から、そのときの写真が提供されました。楽しそうですね。
これに気を良くして、一段エスカレートした散歩コースをご紹介しましょう。

裏山には散歩道が四通八達していて、分かれ道に来るたびに、今日はどちらに行こうかと迷ってしまいます。
空腹のロバが道の左右に全く同じ大きさの干草の山を見つけたが、どちらの山のほうへ先に行ったものか決心がつかず、さんざん迷っているうちに餓死してしまったという話を思い出します。

諏訪神社から最初は西の大師谷方面に向かい、途中から向きを変えて再度山ドライブウェイを横断し、東の碇山、市章山へ。眺望を満喫したあと、別のルートで「アートスペースかおる」から東へ約350mの旧ブラジル移民館脇に下る、というものです。

このコースの所要時間は、ぶらぶら歩きで1時間半〜2時間です。

「アートスペースかおる」から裏山に入ると、ものの2分も歩かないうちに諏訪神社の脇に出ます。
拝殿の左脇(狛犬が見えているところ)から奥に入っていく階段があります。

小さな祠が団地のように並んでいるところを抜けると早速山道、それもまっすぐ檻の中へ。
左手、下のほうに山手学園のグラウンドが見えていますが、まさかそこからボールが飛んできてノックアウトされるというわけでもないでしょう。右手はただの山の斜面です。
何のために人間が檻の中を歩かねばならないのか、ようするにわからないのですが、こんなところで向こうから大イノシシが、どし、どし、とやってきたら、どうしましょうね。
怖い? 何言ってるんですか。ボタン鍋パーティにお誘いする絶好の機会なのですよ。



道はご覧のとおり歩きやすく、大師谷のほうへはずうっと水平に近い道ですから、汗をかきません。森林の香りを満喫しながら歩きましょう。次の写真2葉は振り返り見た景色です。





大師谷の小川がぐっと近づいてきて、対岸との間に渡された橋を過ぎたところで、右後方に向かって上っていく道に入って、再度山ドライブウェイに出ましょう。
分岐点には親切な案内標識が立っています。(左写真)

ここで曲がらずにまっすぐ歩き続けてもいいのですが、そうするとかなり大きく山中を回ることになり、所要時間がぐんと増えます。それを試すのは今回はお預けです。






分岐した道は緩やかな上りですが、長く続きません。きれいな緑に見とれながら歩いていると、すぐに頭上が明るくなって再度山ドライブウェイに出ます。

ドライブウェイを横断するのですが、向かいの道は真正面でなく、市街地のほうにほんの僅か下ったところから始まっています。万一に備えてガードレールの内側を歩き、自動車が接近する音に注意を払いながら素早く渡ってしまいましょう。



再度山ドライブウェイを渡り終えたところから、2本の小路が始まっています。
左に行けば、どんどん高度を稼いで、碇山(いかりやま)の肩に出ます。右はほとんど水平に進んで碇山登山道のもっと低い位置へと移る道です。

左のほうに進んでみます。階段は最初だけで、しばらく落ち葉だらけの、溝の底を辿るような道になります。上りはしっかり足を踏みしめていけば問題ありませんが、逆ルートで下ってくるときは積み重なった落ち葉で、ちょっと気を抜くと、ズルッ! ドッテーン!と大転倒をやりやすいので、要注意です。


突然視界が開けて、市街地から見えている山肌の錨のマークの横合いに飛び出しました。錨の形の植え込み(だか刈り込みだか)と、夜間に形を示すための電球の列にイタズラされないよう、金網の仕切り柵が設けられています。
柵の手前側に道があって、上の展望所、風力発電装置、それに鉄塔へと続いています。あと少しの上りです。

眼下には神戸市街が広がります。三枚ブレードの風車は気紛れで、風が強く吹いているのに止まって知らん顔をしているかと思うと、突然思い出したように回転し始めたりします。

この角度からでは見えませんが、もうひとつ別の形の風力発電装置も奥に設置されています。

鉄塔は正月や祝日に国旗を掲げているようですが、ふだんは単に立っているだけ。避雷針くらいにはなっているのかしらん。

展望所や風車のそばを通り過ぎて奥へ進むと自然に市章山の頂上に導かれます。すぐです。木のベンチがあるだけの素っ気ない頂上。

景色を堪能して帰りましょう。
市章山から見ると、いま通ってきた碇山が一段低く見え、最初の「裏山散歩」で上りつめた展望台など、はるか下方に行ってしまいました。
碇山の展望所からまっすぐに尾根を下っていきましょう。明るく開けた、歩きやすいルートです。尻餅には常に注意しましょう。
案内道標を見かける度に、あちらにも行ってみたい、こちらにも行ってみたいと迷ってしまいます。そちらの道の探検はこの次にしましょうね。


尾根ルートから分岐して横の谷(追谷墓地)に下りる道があります。親戚や知人のかたが眠っておられるのでなければ、そちらを通る理由は何もないのですが、もしそちらに行かれましたら、イノシシ除けの電線に注意! 

日中は通電していないそうなので感電はしないでしょうが、これが1箇所で道を横切っています。このとおり存在が見えにくいので、足をとられてもんどりうつ危険が大です。



尾根ルートが最後に出てくるのは再度山ドライブウェイのトンネル入り口脇の階段。
黄色のセンターラインを引いているのが再度山ドライブウェイ、手前の坂道は追谷墓地の正面玄関に通じる道です。

ここからドライブウェイをちょっとだけ歩いて下ると、旧ブラジル移民館脇の信号です。



散歩案内センターに戻る              HOME