今回は烏原貯水池から入って菊水山と鍋蓋山を回ってくるという、他よりはちょっとハードなコースで、「アートスペースかおる」から全コースを歩きとおすと5時間くらいかかります。このコースの途中には滑りやすいところがあるので、底に滑り止めの凹凸がある靴を履いて下さい。

他の項で既にご案内済みの烏原貯水池からスタートします。
美しい景色を眺めながら池のほとりをどんどん上流のほうへ進んでいくと、自然に菊水山に向かうコースに導かれます。

「マムシに注意」の看板が目に入ります。同じ山域でありながらここだけにこんな看板があるということは、目立つほど居る、ってことですね。ちょっとキモチ悪い。
出遭ったらどうする? 「木の枝拾って打ち据えて持って帰って酒瓶に放り込めば強精酒が出来るぞ」 
何ごともプラス思考でいかなくては。寒い季節ならマムシは寝ているはずなので、まあ大丈夫。


山に入る前に、まず体格検査をすることになっているみたいです。(うそですけど) 


最初のうちは傾斜が緩く、頭上が開けていて開放感があります。要所要所に案内標識が設置されているので、何の表示もない脇道に独断で入っていくようなことさえしなければ、道に迷う心配はありません。左手に石井ダムが見え、そちらにも道が続いています。健脚自慢の方なら、せっかく目に入った以上、ちょっと道草を食ってくるというのもいいでしょう。





さあ、いよいよ菊水山の急登、階段の連続が始まります。杖を持参していれば膝関節にかかる力を分散できて、多少なりとも楽でしょう。
背後に自分よりハイペースで登ってくる人の気配を感じたら、追いつかれそうになる前に退避スペースをみつけておいて、そこに立ち止まってやりすごすように心がけます。狭いところで後ろにぴったりつかれたら煽られて大汗かかされます。

林の中の階段をひたすら登り続けるのに嫌気がさしかける頃、ふっと周囲が明るくなって、菊水山の頂上部分に飛び出します。頂上には市街地からもよく見えているパラボラアンテナが立っており、その根元部分がコンクリート造りの展望台になっていて、神戸港や明石海峡が遠望できます。





























急登でバテてしまって「ああ、もうええわ・・」 
先に進む元気をすっかり失った場合、歩きやすい道をだらだら下って神戸電鉄の鈴蘭台駅に逃げ込むエスケープ・ルートがあります。電車賃を持っていたかどうか確かめ、頂上からちょっと奥に入ったところの案内標識から左に折れたらいいのです。でも今日は逃げださずに進みます。







丁度そこに具合の良い案内板が設置してあったので、写真を撮ってきました。


歩きだすとすぐに鍋蓋山が見えてきます。頂上の高さは菊水山と同じくらいで、すぐ目の前にあるのですが、そこへ行くにはいったん平野谷にかかる吊橋まで下って、それから登り返さねばなりません。
この下りがなかなかの難物で、足元がよく滑ります。怖がって思わず腰を引くと、ずるっ! あちこちにお尻で登山記念スタンプを捺しまくります。直立が基本・・ではありますが、それで勢いがつくと崖っぷちから飛び出してしまいそうなので、あら恥ずかしや、滑りそうなところではいったん座り、それからこわごわ足を伸ばして「よっこらしょ」と。ここでも杖を持っていれば役立ちそうです。



こんな下りが続いたあと、突然吊橋のたもとに出ます。これで有馬街道を跨ぎ、鍋蓋山側に取り付くのですが、道板がなんとなく腐りかけみたいで、「もしボソッと抜けたら・・」と思ったとたん腰のあたりにゾワゾワっときて、両手で手すりをつかんでしまいました。




















吊橋を無事渡り終えたところに張り紙がありました。
今頃言っても遅いっちゅーの!


さて鍋蓋山。急斜面をジグザグに登っていくように道が作ってあります。特に危険なところはありません。よいさ、よいさ、とひたすら登り続けるのみ。

山腹の鉄塔の脇を通るので、菊水山側から見たときの様子を目に焼き付けてあれば、いまどのあたりまで登っているがわかります。













頂上に出ると、そこには広く切り開かれた休憩スペース、ベンチがあり、神戸の市街や港を眺めることができます。
鍋蓋山頂の標識に「トイレまで1800米」と親切に書いてありますが、それだけではどっちに行けばいいのかわかりませんよ。だいいち遠すぎますね。それとも「1800米というと絶望的な数字ですよ。だから・・・」と言いたいの? 
標識の上に乗っている黄色の札は、山中で急病や怪我があったとき、そこに書いてある数字を告げて救急隊に位置を特定してもらうためのものですが、これが一緒に目に入ると一層急激に催しそうです。




















今回は鍋蓋山頂上から「アートスペースかおる」にまっすぐ戻るため、頂上のすぐ先の分かれ道で七三峠のほうへ下ることにします。

しばらくのあいだ道が下草に覆われた踏み跡になり、「もしも足元にヘビや毒虫が潜んでいたら」とビビります。















案内標識に従って細い山道を辿っていくと、ひょっこりと自動車が通れる広い道に出ます。でも自動車どころかハイカーにも遭わず、森閑としています。















山中にこんな立派な記念碑を作る必要があるのかねえ。





「二本松林道はあちら」の案内どおりに歩いているのに、行く手が柵で通せんぼされているのが見えてきます。ええっ?と慌てますが、早とちりして引き返さず、柵の鼻先まで行ってみると、そこから真横に小道が通じているのがわかります。その小道を少し歩くと、二本松林道に飛び出します。




この林道をくねくねと東のほうにしばらく歩けば、山中の十字路「猩々池」です。









猩々池で右折すれば再度谷を下って「アートスペースかおる」方面へ、直進すれば再度山ドライブウェイを横切って堂徳山方面へ、左折すれば大竜寺へ。

別項でご紹介済みのコースとここで合流します。


最後に・・・。再度谷を下る途中で見かけました。人間は気分次第でやたら親切に振舞うことがあるのですね。














散歩案内センターに戻る              HOME