ひとくちメモ 1  
デジタル・オルガンの定期点検

伝統的なオルガン音楽を演奏するように作られた電子オルガンのユーザーからよく受ける質問は、「定期点検が必要かどうか、また頼むなら頻度はどのくらいが適当か」というものです。1990年代からはほとんどのメーカーがデジタル・オルガンを作っていますから、以下ではそれを前提にさせていただきます。アナログ・オルガンの場合はそれぞれの構造によって、望ましいメンテナンスの頻度が違ってきますから、ここでは触れないことにします。

デジタル・オルガンの音源システムは年月の経過とともに音程や音の波形(つまり音色)が徐々に狂ってくることがなく、従って定期的な調律や再調整をまったく要しません。
どうして狂ってこないのか? それは個々の電子回路部品の「釣り合い」に依存して音程などを維持する構造でないからです。部品の電気的特性が年月とともに変化してきても平気です。

ただし、内部に電池あるいは充電池を持っている楽器をお使いなら、ユーザー自身で時々様子を確認されることをおすすめします。電池や充電池は楽器の電源スイッチが切られている間、フリー・コンビネーションなどの設定記憶を保持するするために付いています。持っていない楽器なら、何かを点検するという話を完全に忘れてしまっても大丈夫です。

この電池あるいは充電池には寿命があって、電圧がなくなれば記憶を保持できなくなります。演奏しようと電源スイッチを入れたら、あらら?ということになるのですが、いつもそのパターンでくるとはかぎりません。記憶を正常に保持できているのに、電解液が漏れ始めているというケースが、けっこうあるのです。電解液が漏れて周囲のプリント配線や電子部品にかかると、回路が故障をおこします。そうなると回路基板まるごと交換することになり、修理費が高くつきます。
そうかと思うと、電池の外見はまだ何ともないのに、内部でショートし、オルガンを突然ダウンさせてしまうこともあります。電池あるいは充電池の劣化が原因でおこる不具合は、稀ながら、オルガンが突然全滅状態に陥るという形で現れる場合もあるので、いちおう警戒を要します。

充電池でなく、使い捨てのボタン電池を使用する楽器もありますが、問題は同じようにおこります。「電池が切れたら、いやでもそうとわかるだろう」とつい油断してしまうので、充電池よりも危ない一面もあります。

問題はどうやって警戒するかです。電池や充電池の劣化の進み具合が目視で確認できる場合が多いので、時々楽器の内部を覗いてみること。これに尽きます。電池が白い粉を吹いたように見える、濡れているというのは液漏れが始まっている証拠です。粉や液による汚れが回路基板上や周囲の部品にまで広がっていれば、すぐに手を打たないと深刻な故障に発展するおそれがあります。(充電池を回路基板から隔離している楽器なら、液漏れによる回路基板損傷の心配はありません。メーカーあるいは代理店がこの予防措置を講じている楽器が多くなってきました)

電池、充電池の劣化の進み具合は一様でなく、十数年経ってもピンピンしているのがあるかと思うと、二年くらいで早くも問題をおこすのがあったりします。まさに人間そっくりで、若くて元気な人が突然亡くなったり、不治の病を抱えた人が平均より長生きしたり、です。定期健診の直後に進行の速い病気が始まっていたら、どうなりますか? 

ようするに、デジタル・オルガンで点検したいところは電池あるいは充電池の部分だけみたいなもので、それだけを頻繁に見に来てもらうのは費用の無駄。さりとて間隔をあけたのでは、その合間に問題がおこって致命的なところまで進行してしまうかもしれない、そういうことなのです。問題の早期発見を望むなら、ユーザーが自分で、時々電池の様子を確認するにかぎります。

さまざまな設定、調整のために専用リモコンが添えられている楽器では、リモコンの電池にも気をつけて下さい。9V積層電池からの液漏れで電池スナップが腐食した例があります。必ずとはお約束できませんが、早い段階で気づけば、安価な電池スナップ部品を交換するだけで済むことがあります。

ちょっと古いデジタル・オルガンの中には、複数の充電池を使っているのがあります。こういう楽器では、最初に目に付いたのだけ新品に交換した(してもらった)からと安心していると、見落とした他の充電池にドカンとやられます。

ついでに申しますと、これまでに出会った事例の中に、「無料点検させて下さいとやってきた業者に任せたところ、得体の知れないトラブルに取り憑かれたというのがありました。その業者が「このとおり点検作業をやっております」というポーズを見せようとして触らなくていいところをいじってしまい、しかもそこで作業ミスをやったのが原因とわかりました。この事例にかぎらず、要らざる点検を頼んだことが、とんだ裏目に出ることがあります。


相談室に戻る          HOME