ひとくちメモ 10
床との癒着に注意

楽器の「足の裏」がどんなになっているか、ご覧になったことがありますか? 
箪笥などの家具と同じ「ただの木箱の底の部分」というのもあれば、四隅にナイロン樹脂のような丸いボタンを付けている楽器もあります。この丸いボタンは、楽器を少し動かす時に床との摩擦を減らして滑りを良くする、床に僅かな凹凸がある時はネジを少し繰り出してガタを止められるというものですが、ときに思わぬ落とし穴にはまります。それを経験するのは、床にリノリウムあるいはコルクのような素材が張ってある場合です。何ヶ月か同じ場所に置いてあった楽器を、掃除や修理のために少し動かそうとすると、「足の裏」の丸いボタンと床材がしっかりくっついていて、バリッという音とともに床材が剥がれます。あっと気がついたときは既に遅く、丸いボタンより一回りか二回り大きな穴が床にあいてしまうのです。
楽器を動かそうと手をかけたとき、床と癒着しているように感じられたら、けっしてそのまま持ち上げてはなりません。ほとんど持ち上げずに水平方向に動かすように力をかけます。必ず成功するとはかぎりませんが、癒着の程度が軽ければ床を剥がさずにすみます。オルガンを置くときに床を見て、「あっ、これは癒着するかもしれない」と思ったときには、丸いボタンの下に普通の紙1枚でも構いませんから敷きこんで、丸いボタンが床材と直接接触しないようにしておきます。そうすれば安心です。
一方、「ただの木箱の底」になっている楽器は、床にくっつくおそれがないかわり、ちょっと移動させようと不用意に横に滑らせたとき、外装の底近くの部分がささくれたように割れることがあります。丸いボタンがあれば、その厚みのぶんだけ宙に浮いていますが、それが無いと外装の縁が直接床に触れていますから、ほんのわずかでも床に出っ張りや段差があると引っ掛かるのです。この種の楽器では反対に、不用意に横に滑らそうとせず、かならず床から持ち上げよ、ということになります。

相談室に戻る          HOME