ひとくちメモ 11   
ひとつの鍵にふたつの戻りバネを付けたペダル



ひとくちメモ 5で少し触れかけた、ふたつの戻りバネを持つペダル鍵についてです。このタイプは特定のメーカーの製品に見られます。
まず写真をご覧下さい。ペダル・ボードを持ち上げて、その裏側を下から見たところで、右が演奏台側です。

左に見えるのは、ひとくちメモ 5で既に登場した板バネで、これはどの電子オルガンのペダルにも備わっています。今回ご注目いただくのは右の、大きな安全ピンのような針金のバネです。

このバネの働きを考えるために、仮に、重い刀をまっすぐ前に突き出すように構えて、その切先を繰り返し上下に振る動作を思い浮かべてみましょう。これはペダル鍵の動きそっくりで、刀がペダル鍵、板バネが手首というわけです。
えいっ、えいっ、と小刻みに刀を振り続けていると手首にかなりの負担がかかり、疲れてきますね。オルガンのペダルでは、その力のためにネジあるいはボルトが緩みやすいのです。
右に見える針金のバネがあると、どうでしょう。 誰かが刀の先に手を添えて、振り下ろしたのを元の高さまで持ち上げる応援をしてくれるようなものですから、手首の負担が大いに軽減されます。このタイプのペダルでは板バネの張り具合でタッチの調整をしなくても安定するので、板バネに付くネジは固定用の1本だけ。負担が軽いだけにそのネジが緩みにくく、日頃再調整の必要を感じないため、ともすれば板バネ部分のカバーを一度も開けたことがないままになりやすいのですが、埃がたまったままにすると板バネが錆びやすいので、たまにはカバーを取って掃除機の丸ブラシで吸い取ってやりたいものです。

他にも利点があります。ペダル鍵を踏んだ時にググッと抵抗が増えてくる感じがなく、ペダル鍵の行程(沈む深さ)を十分にとれることです。

ただ、針金バネを併せ持つペダルでは稀ながら、「ペダル鍵を踏んだときにカツン!と異音が出る」と相談を受けることがあります。異音を発する鍵がペダル・ボードの中央付近にあるのが特徴で、原因はペダル鍵が勢い良く踏まれた時に針金バネが床を叩いてしまうことにあります。針金を矯め直そうとしてポッキリ折ってしまうといけないので、その問題にぶつかった時には針金バネにフェルトを巻いて異音を止めましょう。雑巾をバネ直下の床に敷く手もあります。
また鍵を踏んだときにギイイと軋むなら(このケースは一層稀ですが)、針金がコイル状に巻かれている部分に薄いフェルトを噛ませてやります。この程度の処置なら「素人さん」にも楽々とできます。

相談室に戻る          HOME