ひとくちメモ 12   
梅雨時におこりやすいトラブル


「天気が悪いと足の関節が・・」という感じで、蒸し暑さが感じられる時期になると、あるメーカーのオルガンには持病の発作がおこり始めます。昨シーズン?もやはり数件の相談がありました。幸い、対処方法を知っていればユーザーの手で直せることなので、大半の場合はその手順と注意事項をご案内するだけで、めでたく解決します。

発作のパターン その1
「鍵盤の鍵の一つが、あるいは二三の鍵が、鳴り続けになった」というサービス・コールが来ると、ピンときます。「鍵盤をよくご覧になって下さい。鳴り続けになっている鍵は少し沈み気味になっていませんか?」 「あ、なってます、なってます!」 ・・これで決まりです。
このメーカーは木製の鍵梃子を使っており、その鍵梃子が湿気で膨らみ気味になると、鍵の振れ止めに付いているガイド・ピンを締め付けてしまうトラブルをおこしやすいのです。鍵を放しても摩擦抵抗が大きくて上がってこず、それで音が鳴り続けになるわけです。排気を室外に出さないタイプのガスストーブや石油ストーブを焚いている教会などでは、冬場もまた同じトラブルの「シーズン」になります。
写真は鍵盤レール材を取り外したところです。直立して鍵梃子に刺さっている剣みたいなのがガイド・ピンで、鍵が左右に振れ動くのを防いでいます。このガイド・ピンの横腹に潤滑剤 CRC 5-56 をごく少量、綿棒で塗ってやると、まさにその瞬間に摩擦抵抗が激減し、鍵梃子が自由に上下するようになります。ガイド・ピンにアクセスするには鍵盤レール材を取り外さねばなりませんが、一旦やり方を覚えて下されば、素人さんにも作業出来ます。

細かい作業は苦手だ、面倒臭いなどと言って、スプレーで付近一帯を「掃射」するのは絶対に避けて下さい。それをやると赤い潤滑フェルトがずぶ濡れになって剥がれ落ちるおそれがあります。

またピストン(押しボタン)を並べた鍵盤レールの取り外しには細心の注意が必要です。その裏に細い電線の束が来ているからです。不注意な取り外し方をすると電線が引きちぎられるおそれがあります。






発作のパターン その2
幾つかのストップの音量が極端に小さくなり、同時に喉を潰したような音質になる、というのが、典型的な症状です。回路基板がひどい故障をおこしたと早合点されがちですが、じつは回路基板上に付いている小さな可変抵抗器(半固定抵抗といいます)の接触がちょっと悪くなっただけ、というケースが多く、それなら復旧も簡単です。むろん回路基板の交換などという大げさなことにはなりません。
音量つまみを回そうとするとガリガリっとひどい雑音を出す、古くなったポケット・ラジオを思い浮かべて下さい。それと同じ状態になっているのです。ラジオのつまみを左右に少し回すと急に音が落ち着くように、この半固定抵抗も少し左右に回して元に戻してやれば、接触を回復します。
写真で、いちばん上の部分に黒や青の正方形の部品が並んでいるのが見えますが、それが半固定抵抗です。ごく細いマイナス・ドライバーで軸を回すようになっています。ドライバーを当てて僅かに左右に回してみると一瞬に正常に戻り、それで呆気なくおしまいです。
電源回路にも半固定抵抗を持っている楽器があります。ここでも同じように接触不良のトラブルがおこることがあり、そのときは一層派手な症状が出ますが、ちょっと確かめようと不用意につついてはなりません。出力電圧の調節のために付いている半固定抵抗をうっかり回すと、どうなりますか? 音源装置などデリケートな回路にかかる電圧が一時許容範囲を超えて高くなり、回路を壊すかもしれません。電源回路上のは電圧計で出力電圧を厳重に監視しながらの作業になります。

相談室に戻る          HOME