ひとくちメモ 13   
予備の鍵はいずこ?

教会や学校や学校でよくおこるのが鍵の紛失です。心配のあまり、納品時に渡される2本か3本の鍵と別に数本、最初から取り寄せ注文を出されるところもあります。
しかし鍵がいざ紛失したときに、それっとばかりに予備の鍵を探すと、あっ、それもなくなっている!というケースが現実に多くあります。
「なくなるところでは、何本あっても肝心のときに出てこない」  それが経験の教えるところです。

それで予備の鍵は事務所のキャビネットや鍵箱にしまうより、鍵盤の下側(脚を持ち上げたら膝小僧が当たるあたり)に木ネジで止めておくことをおすすめします。その気になって探せば簡単にみつかってしまうところですが、さて、オルガン鍵盤蓋の錠は「開かないならバールでこじ開けてやる、重機をもってきてでも開けてやる」というほどのものでしょうか。無くなったり悪用されたりすることはまずありません。
また、ここにあれば、ご当人がネジ止めしたことを忘れておられても、こちらへの相談電話1本ですぐに予備鍵が出てくることになります。

さらに凝った保管場所として、楽器の裏板を開いて内部のどこかに紐で結び付けておく、というのがありますが、念入りに隠したぶんだけ、いざというときに見つかりにくくなります。
それに、あるメーカーの一時期の製品には裏板に錠が付いていて、専用の鍵で施錠するものがありました。このタイプでは裏板の専用鍵の予備をどこに? それを楽器の内部に置いたら大変です。
サービス技術者にとっても要注意。飛行機や新幹線ではるばる出かけて行った先で 「はあ? 裏板の鍵って?? 」とキョトンとされたら一体どうする? 合鍵の携行が必須です。
はたして現場でその合鍵が必要とわかったとき、「ほうら、持ってきてよかった」
そこまではいいのですが、さてその合鍵、荷物のどこに突っ込んでおいたのだったか。
ええと ・・あれ?   ええと ・・あれ?   あれえ、おかしいな、出てこない! 

相談室に戻る          HOME