ひとくちメモ 14   
だんだん良くなる

パイプ・オルガンは完成してから少し年月が経つと音が良くなってくるが、電子オルガンは新品当時が最高で、あとは衰えていく一方であるとされてきました。
しかしその電子オルガンも、今では年月が経ったほうが音が良くなることがあるようになりました。

それは音の調整が細かくできるようになってきたことに関係があります。初期のデジタル音源は、正確で、いつまでも狂ってこないかわり、設置現場での調整はまったく受け付けません、というものでした。調整がきかないからには調整する必要もないわけで、
注文主のところに楽器を運び込んだら早速スイッチON、さあ、どうぞお弾き下さい、で済んだのです。

規模の大きな楽器では音源装置が数チャンネルから十数チャンネルに分けられていたので、「音」がデジタル音源装置から出るときにアナログ音声信号に変わってから、多少の調整をおこなう余地がありました。チャンネルとは・・第一工場ではエアコンを、第二工場では洗濯機を製造している・・そんなものと思って下さい。音源装置における製品は、いろいろなストップ(音栓)の音です。
音作りを複数の「工場」で分担しているので、特定のストップの音が小さすぎると思えば、その音の製造を担当している工場にハッパをかけることで他とのバランスを直せます。ただこの方式では同じ工場で作られている他のストップにも影響が及ぶので、目的を達したと喜んでいると、他のところでバランスが狂ってしまったということがおこります。その辻褄合わせをしようとすると、また別のところが新たに狂ってくる。その連鎖がおこりかねないので、チャンネル数の多い楽器では摺り合わせに苦労があり、3段鍵盤の大型ともなれば、設置完了後半年、1年を経ても、なお時々音の微調整作業が続いているというくらいでした。

さて今のデジタル・オルガンはといえば、デジタル音源の内部に分け入って、こと細かに音作りの調整をすることができるようになっています。凄い技術進歩です。調整できる項目が出来た、増えたどころか、多すぎて困るほどになりました。全部数えたてたら一体いくつあることになるのか計算してみなくてはいけませんが、とにかく天文学的な数字に達することは確かです。機能があるからといって、一つ一つの調整項目を全部訪れることなど、とてもできません。延べ数十時間程度の作業では済まないのです。
それで、ざっと試奏して音楽的に特にまずいと思うところから修正にかかる、という方法をとります。最初にバリカンでブウーンと刈り上げておいて、それからジャキジャキ、さらにチョキチョキと、次第に細かくやっていく感じです。楽器が二段鍵盤の小型練習用クラスでも、まる一日はかけたい仕事なのですが、誰よりもお客様が許して下さいません。「ねえ、早く弾きたいのに、まだ終らないの?」と顔に書いてあります。背中がじりじりと焦げてくる感じを味わいます。

どこまでやれば完璧だ、満足だ、というものではないのですが、納入を終えて辞去するとき、自分ではまだまだ気に入らないと思っているところがたくさん残っています。その楽器と再会する機会・・演奏とか講習とか修理とか・・こそ、前々から気にかかっていた部分を仕上げるときです。素早くそこを直します。時間がありそうなら、もうちょっと! あ、もうちょっと!  それで少なくとも「来たときよりも美しく」なります。

だんだん音が良くなることがあるというのは、電子オルガンの場合、このせいなのです。

相談室に戻る          HOME