ひとくちメモ 15  
ドンリバーブ
太平洋戦争で勇名を馳せた海軍零式艦上戦闘機、いわゆる零戦で飛行中にエンジンがバタバタと息をつきだすと、それは現在使用中の燃料タンクが空になったということで、すかさず燃料コックをひねって別のタンクに切り替えました。「もうそろそろ、来るぞ」と思っていた時なら慌てませんが、予期していたより早かったり、その時よそ事を考えていたりするとパニックになるので、搭乗員には「バタコック」という言葉を覚えさせたそうです。エンジンがバタといったらコック、と咄嗟に手が動くようにするためです。

さて、デジタル・オルガンの世界には、残響音を付け加えるシステムに弱点をもっていると思わざるをえない楽器があって、その楽器が残響音システムの故障をおこすと演奏中でもお構い無しにドンッ! パパッ!と凄い音を出してくれます。
その種の楽器をお使いになっているユーザーさんには「ドンリバーブ」という言葉を覚えていただくことにしています。幸い残響音システムの動作をタブレットあるいはノブで素早く止められるモデルが多いので、ドンときたら咄嗟にリバーブをOFFにする、それでドンが止んでくれたら、残響音無しにはなるものの、演奏を続けられるということです。

これはひとつの例で、楽器によって弱点の所在が異なり、比較的に遭遇しやすい症状もさまざまです。故障はあってはならないものではありますが、複雑な構造を持つ装置である以上、ある程度の覚悟が必要でもあります。飛行機の操縦士がさまざまな故障、非常事態を想定した訓練を繰り返すように、オルガニストも咄嗟の対処方法を知り、その手順を日頃から反復練習しておかれることをおすすめします。

相談室に戻る          HOME