ひとくちメモ 16   
顔が真っ黒け

電子オルガンに外部スピーカーを追加するというと、最初のうちは「トーンキャビネット」と呼ぶ大きなスピーカー・ボックスがオルガン本体(演奏台)と一緒にステージに据えられたものです。楽器がある程度以上に大規模で、音源装置やアンプ(増幅回路)が楽器本体の中に納まりきらない場合は、そのような機器を納めた箱までが一緒に並ぶことがありました。
しかしこれではステージが狭くなり、またコードが這いまわって邪魔だというので、オルガンを頻繁に使用するとわかっているミッション・スクールや教会ではスピーカー・キャビネットを壁に埋め込む設置法が一般化しました。岩壁に穿った横穴の中に仏像を据えるような感じで、壁の窪みの中にスピーカー・キャビネットを”安置”するわけです。そのままではぶざまなので、スピーカー・キャビネットが見えないように壁の色に近い布のスクリーンが被せられます。

この設置法は誰でも考えつくものであり、新築と同時にオルガンを設置する計画があるという話で打ち合わせに出かけると、当然のようにこのプランが設計図に描き込んであったものですが、この設置方法には幾つかの落とし穴があるので、もし他の方法が採用できるなら避けていただくようにおすすめしてきました。

ここでは落とし穴の一つである、スクリーンのことを書きましょう。新築あるいは改修される建物はたいてい申し合わせたように白っぽい壁に仕上げられることになっており、音の出口をカバーするスクリーンもほぼ同色の素材の中から選ばれます。
さて何がおこるか・・・。最初のうちは綺麗ですが、何年か経つと問題が見えてきます。スクリーンが煤けてきて、ついには真っ黒けになるです。右の例では壁の上半分がスピーカー用のスクリーンですが、新築当初はこの部分が壁とほぼ同じ色の平面で、背後の格子の存在は見えていませんでした。

クリスマスのキャンドル・サービスで蝋燭をともすと、エアコンのおこす風で炎がさかんに揺れ、黒い煤を含んだ煙が立ち昇っていきます。キャンドル・サービスの翌朝見ると、天井や壁が明らかに煤けたとわかることさえあります。蝋燭を灯すあいだエアコンを止めれば、かなり煤けかたが違ってくるのですよ。それにしてもスクリーンが他の部分よりずっと先行して黒ずんでいくというのは?

スクリーンの背後に強力なスピーカーの振動板が控えているというのがヒントです。・・・もうおわかりでしょう。強い音を出すために振動板は前後に数ミリの幅で往復運動をしています。当然その前に居る空気も揺り動かされます。そして、その空気の中を漂っている塵も。空気はスクリーンを抜けて動きますが、塵は繊維にひっかけられてどんどんたまっていきます。
そうです、スクリーンが電気掃除機の集塵フィルターと同じ役目をしていることになるのです。空気清浄化に一役買っています、とでも言い訳しますか。

これから新築や改修をされることがあれば、そのとき、この話を思い出して下さい。

相談室に戻る          HOME