ひとくちメモ 17   
山羊さんオルガン

修理に行ってオルガンの裏板を取り外すと、中に紙が散乱していることがあります。こいつ、山羊か! 「火災発生のおそれが」なんて脅かすつもりはありません・・・ま、大丈夫です・・・が、それにしてもどうしてそんなことがおこるのでしょう。

これは鍵盤蛇腹蓋と天板の間の隙間を大きくとっている某メーカー製に特有のお笑いなのですが、演奏者あるいはその周辺の人が閉じられた蛇腹蓋の上に紙を置いているのに、うっかりそのまま開けてしまうことによっておこります。側板が斜めに切り落とされた形の小型モデルなら閉じられた蛇腹蓋の上面が瓦屋根のごとく傾斜していますが、四角いタイプなら上が水平になっているので、つい置いてしまいます。

たとえば聖歌隊長が今日練習する歌の譜をオルガンのところに持ってきたが、オルガニストがまだ来ていなかったので、鍵盤蛇腹蓋の上に見えるように置いておく。やがてオルガニストがやってきて鍵盤蓋を開けようとするが、その時たまたま後ろから友達が声をかけたので振り向きながらガラガラッ、というシナリオです。隙間が大きいので紙1枚ならもちろん、薄い楽譜集でもオルガンがぱくっと食べてしまいます。それが繰り返されて、ぱくぱくっ、ぱくぱくっ。それでオルガンの中が紙屑籠同然になるという次第。

先に火災のおそれはあまり考えなくてよいと申しましたが、このメーカーの楽器は経験上、自身の発する熱に弱いようなので、電源回路やメイン・アンプに紙を被せて放熱を妨げると、故障のリスクが増すことは考えられます。もう、餌をやらないで。

相談室に戻る          HOME