ひとくちメモ 18   
背筋で耐える!
教会やミッション・スクールでオルガニストをつとめておられる方は、一度手鍵盤の裏側というか、下面を覗いてみて下さい。写真のように一部のメカが見えている楽器では、時たま「鍵の1本が下がったきり上がってこなくなった」というサービスコールを受けます。「指でその鍵を持って上下させたら動きますか?」 「動くときにガリガリ引っ掛かる感じがありますか?」  これで大体診断できます。単に動きが渋くなって上がってこないのは「ひとくちメモ 12」のケース、ガリガリ感を伴うのが本項のケースです。

右の写真は鍵盤の下面、つまり下に潜って鍵盤部分の裏側を見上げたところです。黄色の矢印で示した樹脂製の六角ナットの列にご注目下さい。これは各鍵の上面が平らに揃うように高さを微調整するものです。

演奏者がベンチに座り、手を膝の上にもっていくと、指先がこのナットとネジを切った軸の列に届くようになります。
届くからって、触らなければべつに問題にならないのですが、じっと身体を動かさずに長い説教を聞いているうちについモジモジ、そのへんのものをいじってしまうことが実際にはおこってしまいます。ときには、ここに指をかけたままで、やっこらさと姿勢を正そうと身動きしてしまうこともあるでしょう。

本項のトラブルはこうしたことでおこります。かけた指先でナットを手前に引いてしまうのです。そうするとネジを切った軸が手前に僅かに曲がり、金属フレームに接触します。これがガリガリ感のもとです。ネジを切った棒なので引っ掛かりやすく、鍵が上がるのを引き止めます。直し方は簡単で、手前に引っ張られたのを、元通りに押し戻してやればいいのです。しかし簡単に直るからといって、またやっていいということではありません。軸が木製の鍵梃子に打ち込まれているので、何度もグイグイ力をかけていると根っこから揺らいでくるおそれがあります。

鍵盤の下面が完全に板で囲われていてメカが見えない楽器なら、この種の失敗はおこりませんし、また指をかけるところがないので触りに行くこともなく、従って手をモジモジ動かさないという「良い習慣」が身につきます。いずれにせよオルガニストにとっては背筋の鍛錬が大切です。

相談室に戻る          HOME