ひとくちメモ 19   
どすん! ばたん!

「フリー・コンビネーションが作動しなくなっているんです。すぐ来ていただけますか?」という電話が来るのは正月早々と、だいたい相場が決まっています。その楽器は特定メーカーの製品で、かつフリー・コンビネーションを働かせるピストンを押すとストップ・ノブあるいはタブレットがひとりでに動いて次のレジストレーション(ストップの組み合わせ)に変わってくれる仕掛けを持ったものです。

ストップがひとりでに動く構造にしようとすると、ストップになんらかの動力装置を組み込まねばなりません。パイプ・オルガンでは空気圧で動かしますが、電子オルガンでは比較的小さな力で十分なので、電磁石が作り出す磁力を利用します。演奏者がストップの組み合わせを変えようとピストンを押すと、楽器の中の「コンピューター」が一つ一つのストップをそれぞれどちら側に動かすのだったかを思い出し、その指令を受けて専用の電源装置がどっと電磁石に電流を流すという仕掛けです。

この電源装置にサーキット・ブレーカーがついています。住宅の配電盤に並んでいるブレーカーと同様のものですが、この楽器に付いているレバー式のブレーカーは、ちょっと強めの機械的なショックを感じると、それだけで「落ちて」しまう癖があります。

正月早々にこの種のサービスコールがよく来る理由は、こうです。
教会ではクリスマスに教会学校の子供たちによる聖誕劇、聖歌隊の合唱、お祝い会など、多くの行事がおこなわれます。そのさいオルガンが邪魔になるから一時どかそうよ、という話が出て、男性達が寄ってたかって楽器を持ち上げ、壁際までよちよちと運んでいって「どすん」と置く。するとそのショックでフリー・コンビネーション電源のブレーカーが「ばたん」と落ちる。それでフリー・コンビネーションが動作しなくなります。

その日はオルガンを隅に寄せてしまっているので出番無し、行事のあと元の場所に戻すものの、フリー・コンビネーションの動作までは点検しない。それで発見されるのが年末ぎりぎりとか正月の新年礼拝に於いてであり、「これは大変!」と年明け早々のサービスコールになる、そういう次第。

フリー・コンビネーションが突然反応を示さなくなったなら、真っ先に電源回路のブレーカーが落ちていないかとお確かめ下さい。これまで数十年の経験で、電源回路が本当に故障していたというのは僅か1件、あとは単にブレーカーが落ちていただけでした。
落ちていたら、レバーを指先で上げて「スイッチON」してごらんなさい。それでたいてい直ります。

相談室に戻る          HOME