ひとくちメモ 2
楽器を使用しない時、電源プラグは抜いておくべきか

「楽器を使用しない時は電源プラグをコンセントから抜いておいたほうがいいのではないか」という議論が出てくるのは、雷の影響で電灯線に瞬間的な高電圧が発生し、それで楽器が損傷を受けるおそれがあるからです。この高電圧は「雷サージ」といわれているもので、それをまともに食らうと一発でやられます。寒冷前線の通過で雷が発生することもありますから、危ないのは真夏だけとかぎりません。
電源プラグをコンセントから抜いて電灯線から遮断しておけば、いつ雷が近づいてきても、外出中でも、まず安心していられます。

「ひとくちメモ 1」で記憶の保持のために電池あるいは充電池を持っている楽器が多いことを説明しました。使い捨て電池を採用している楽器や、電源スイッチが入っている間に急速充電する仕組みの楽器なら、使用が終われば何も考えずに電源プラグを抜いてしまっていいのですが、常時補充電回路を働かせ続ける仕組みになっている楽器では電源プラグを抜いたものかどうか迷います。
1週間に一度だけ、つまり日曜の朝の礼拝の間だけオルガンが使われるというような教会などでは、その僅かな時間に大急ぎで充電することになるわけですが、そんなことが続けば慢性的な充電不足に陥りやすいので、補助的に常時補充電回路が付いている、そういう理由なのだと考えてみれば、答がおのずと出てくるでしょう。

実際の日常生活の中で楽器の電源プラグのことを始終気にしていられるか!とおっしゃる向きには、雷サージ・プロテクターの採用をおすすめいたします。パソコン周辺機器の売り場を探せば見つかるでしょう。これを買って付けておくと、電源プラグを抜き忘れているところに雷がやってきても、高電圧が楽器を襲うのを防いでくれます。商品のパッケージをよく見て、値段が少し高くても「耐電圧」の数字が大きいものを選んでおけば、それ相応の安心が得られますが、100%の安全を保証するものではありませんから、やはり雷がひどい時には電源プラグを抜くのが基本です。

右は最近みつけて買ってきたものです。類似商品の耐圧が6,000Vにとどまっているのに、これはいきなりその10倍の60,000Vと謳っています。最初ミスプリントかと思いましたが、そうでもないようです。値段はたしか880円でした。
これを1個買ってきてしまうと、以前から家じゅうのあちこちに合計10個近く配備している6,000Vどまりのプロテクターが途端に色褪せて見え、今すぐにも全部耐圧60,000Vに買い替えておかないといけないような強迫感に襲われます。

相談室に戻る          HOME