ひとくちメモ 21
演奏台は棚じゃない!

修理に行くと、オルガン演奏台の上に楽譜や本、さらに照明器具に時計に大きな鏡、そういったものが一杯に積み上げられているのを見ることがあります。修理に取り掛かる前に、まずそういったものを取り除けねばならず、ときには廊下を隔てた別室まで「俺って引越しセンターかい?」と毒づきながら荷物運びの往復を重ねる場面もあるのですが、このさい「鍵盤蛇腹蓋付のオルガンなら天板に重いものをのせないで!」と申し上げておきましょう。
いえ、修理のときに面倒だからというのではありません。

鍵盤蛇腹蓋が付いているオルガンの場合、天板はどのように支えられているでしょうか。左右の側板と背面板の上に乗せられているか、あるいはそれにしっかり取り付けられているでしょうが、前面、つまり演奏者が座る側は宙に浮いています。なぜならその鍵盤蛇腹蓋が開閉のさいにその下を潜って走るからです。
4辺のうち3辺までは下から支えられているが、残る1辺は宙ぶらりん。この状態を何年も保っていると、宙ぶらりんになっている辺が自重に負けて徐々に垂れ下がってきます。やがて鍵盤蛇腹蓋に擦れ合うところまで下がると、蛇腹蓋に擦り傷がつくようになります。

これを防ぐにはまず天板の宙ぶらりんを少しでも緩和する工夫が必要で、そのため天板の縁に角棒の桟を接着して補強しているメーカーがありますが、補強桟のために天板が厚ぼったく見え、それが外見の印象に影響を与えますから、他社製品と第一印象で比べられた場合に不利があるかもしれません。問題の発生を予防するか、外見の第一印象を優先するか、鍵盤蛇腹蓋を付ける以上はどちらか一方を選ばねばならない問題なのです。

天板に補強桟を付けず、宙に浮いている辺に譜面台を取り付ける、さらにその譜面台に楽譜照明を仕込む、しかもそれが蛍光灯であるとくると、当然悪い条件が重なります。譜面台はそれ自体がけっこう重いものである上に楽譜を置きます。それも1冊ずつとはかぎりません。何冊も重ねて置く、演奏が終わったあともそのまま放置するということが当然のようにおこなわれます。それに照明を仕込むと一段と重くなり、さらに蛍光灯なら安定器という鉄塊同然の部品まで付きますからますます重量が増して、知らないうちに天板を湾曲させる強い力をかけ続けることになります。

天板にどんな力がかかっているかを理解されたら、空いたスペースを棚がわりに考えて楽譜や本をびっしりと積み上げ、譜面台のすぐ後には重い鏡を置くといったことが、どれほどの楽器いじめになるか、もはや申し上げるまでもありますまい。ここまでやられると補強桟付きの楽器でもたまりません。天板の前縁を横からすかし見て、真ん中部分が垂れ下がっているのがわかったら、これは既に相当楽器が参っているということです。すぐに天板のものを取り払い、弾かないときには譜面台の上に重い楽譜をのせっぱなしにしないように、心を入れ替えましょう。

なお鍵盤蛇腹蓋が無い楽器なら、前面のストップ・ボードが天板の前縁を支えるようになっているでしょう。宙ぶらりんよりはずっとよろしいが、「頑丈に出来ているから何をしても構わない」とは思わないで下さい。

相談室に戻る          HOME