ひとくちメモ 22   
演奏台は踏み台でもない!

教会に設置されている楽器は特に、クリスマスが近づいたりすると、踏み台がわりにされることがあります。壁に飾りつけをするのに、「あ、丁度いいところにオルガンがあるから、あの上にあがらせてもらおう」というわけです。

楽器をよく観察して下さい。天板が左右の側板と裏板を組んだ上に乗せられている構造であればまだしも頑丈ですが、たまに、左右の側板の間に嵌め込まれている楽器があります。右の写真がそれです。
こういうのは内部で金具か何かが天板を支えている構造なので、人が乗ったらそこに無理な力がかかって壊れるのではないか、天板を落とせばひどい壊れ方をするだろう、と行動をおこす前に見抜かねばなりません。

楽器はそもそも踏み台としての用途をまったく想定していないのですから、ほんのちょっとといえども、けっして足をかけないで下さい。

相談室に戻る          HOME