ひとくちメモ 23
                    ターミネーター

 

はて、これは何でしょう?

じつは配線コネクターを大写しにしたもので、実物は小ぶりの角砂糖くらいの大きさです。
ふたつの目玉みたいに見えるのが電気のプラス、マイナスを流す接触片なのですが、左のをご覧下さい。銅のサビ、緑青=ろくしょう=がびっしり浮いて、古い沈没船を連想させます。

どうしてこんなになったか。
このコネクターには電線がつながっていて、その電線を辿っていくと、20cmほど先でバックアップ用の充電池につながっています。

その充電池が劣化して電解液を漏らし、流れ出た電解液が毛細管現象で電線の絶縁被覆の中をずうっと伝ってきて、ついにコネクターの中に顔を出し、金属を腐食させたということなのです。
この意外さ、しつこさは、もし回路基板にまで達すると故障させかねないという意味からも、「ターミネーター」を想起させます。充電池を持っているデジタル・オルガンでは、めったにないとはいえ、こんなことがおこり得るので、時々内部の様子を確認することが大切です。それは、どこを見ればいいのかを一度教わっておけば、素人ユーザーにも簡単にできることです。


相談室に戻る           HOME