ひとくちメモ 24
                  古い楽器の補修部品

アメリカやヨーロッパの電子オルガンメーカーは、10年どころか、20年、30年経った古い楽器でも、補修部品を供給してくれます。それが常識なのですね。

納品後10年間は(小さな消耗部品は別として)部品代を無料にしてくれるメーカーがアメリカにもドイツにもあって、それは高価な回路基板が故障を起こし、基板交換以外に方法がないとわかったときに大きな助けになります。いうまでもなく部品代が高いからです。

しかし考えてみれば、過去に製造したすべての楽器が修理できるように補修部品を保管しておくというのは大変なことです。
昔の楽器は現在のからみればずっと下位にあたる技術で作られているので、「なーに、品切れになったら、また作りゃいいのさ、簡単だろ」と考えますか? 技術的に下位だからといって、今またそれと同じものを作ってくれと言われると、けっこう困るのです。昔活躍した飛行機や自動車を今新たに作る、あるいはその補修部品を作るというのが、いざやろうとすると如何に困難を極めるか、ごぞんじでしょう。

古いものをいま新たに作るには、その当時の製造設備を必要とする場合があるでしょう。製造打ち切りで不要になった機械を撤去せずに残しておくようにすれば、その数が際限なく増えていきます。いざというとき確実に動いてくれるように、保守も怠れません。錆を落とし、油をさし、時々動かしてやって・・・。
そのように苦心を重ねていたとしても、その機械にかける素材とか、その機械自体の補修部品、消耗品が手に入らなくなって、努力が水泡に帰するかもしれません。
結局現実的には楽器を製造する時に補修部品にするための余分をできるだけ多く作って保管しておき、そこから供給する、それしか考えられますまい。

15年前に作られたデジタル・オルガンの回路基板が故障して、代品の提供をメーカーに求めたとしましょうか。すぐに送られてきます。日本代理店が主要な回路基板の予備を持っていて、すぐに修理に取り掛かれる場合もあります。

古い楽器の修理に於いては、届けられた回路基板もだいたい同じ時期に製造されたものです。ときには故障した回路基板より製造時期が古い補修部品が届けられる場合もあります。
でもご安心下さい。見るからに古そうな基板を使って直したから危ない、そらみろ、すぐにまた故障したじゃないか、ということは特にありません。その後同じところが同様の故障を再発させる率は、経験上、もっと新しい楽器でもっと新しい基板と交換した場合と比べても、ほとんど変わらないように思います。

余談ですが、回路基板についている小さな半固定抵抗が接触不良トラブルをおこしやすいメーカーがあり、何度か同じことがおこると、お客さんが決まっておっしゃいます。「これ、買って何年になりますかねぇ。その基板はこのさい思いきって取り換えていただいたほうがいいように思うのですが、それをしたらどのくらいかかりますか?」 もちろん、おカネのことです。

そのご質問には「おそらく無駄な試みに終わりますよ」と答えます。交換したいからと別の基板を取寄せても、それが大体同じ時期に作られたものであるとすると、基板上に付いている部品も同時期に同一工場で作られている可能性が高いので、それも似たり寄ったりではないかと思わねばなりません。

相談室に戻る           HOME